世界のあらゆる映画を偏執的に見まくる韜晦風断腸亭日乗


by sentence2307
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

山の音

例えば、この作品の主人公を不幸な結婚生活に耐えている妻の物語として見るか、あるいは、その嫁を優しく見守る義父の物語として見るかというのが、この映画を論ずる多くの解説書の立ち位置だろうと思います。

そうだとすれば、妻を顧みずに得体の知れない放蕩に耽る薄気味悪い「夫」の像はひとまず遠ざけられ、優しく嫁をかばう義父と、義父を信頼して慕う嫁というふたりだけの関係図がひとまず出来あがり、この映画が安定した見易いものになるだろうという気がしますが、はたしてこういう作品を成瀬巳喜男が最初から本当に目指していたのかというのが、長い間の僕の疑問でした。

このことについて山村聡が「成瀬巳喜男演出術-役者が語る演技の現場」という本の中でこんなことを言っていました。

いよいよ「山の音」をやると決まったとき、原作を読んだことのある山村が川端作品独特のあの性的な雰囲気をどう意識して表現したらいいのか、成瀬巳喜男に相談したというのです。

そして、成瀬巳喜男の答えというのが、「いやらしいから、そういう話はやめにしましょう」と言ったというのです。

この答えには、ちょっと驚かされました。

以前、小津監督の「晩春」の解釈として、オリベイラの、父と娘の「近親相姦願望」的な分析に遭遇したとき以来の驚きです。

僕にとって、あの崇高な「晩春」という作品から、どうしてあのような性的な匂いを嗅ぎ分けられることが出来るのか、そのアクロバット的発想と観念の曲芸にはどうしても納得できないものがあったのと同じように、監督する際に成瀬巳喜男が最初から性的なモノを悉く排して臨もうとしたことが、とても意外だったのです。

この「山の音」という作品は、どう見ても全編噎せ返るような性の匂いで充たされています。

子供にはちょっと見せられないような夫婦の性生活の危うい部分が、きわどい会話によって生々しく描かれています。

なぜ、僕が、あえて「子供にはちょっと見せられない」というかと言えば、実は、僕は子供時分に親に連れられてこの映画を見てしまっているからなのですが。

例えば、朝の場面、出勤の支度をしながら夫が妻に当てこするように「菊子は、まだ子供だからな」というような皮肉を家人の前で幾度も口にし、そのたびに妻は顔を曇らせます。

夫の異常な性向は、事務所の女子事務員を伴って愛人宅を訪れるという不自然なシチュエーションに加えて、さらに、その愛人と同居しているという女友達をも巻き込みながら、酔って荒れるという「乱交」的な異常さを連想してしまうような部分に簡潔に描かれていると思います。

そうした異常な余韻を受けて、観客は「娼婦の真似など出来ない」妻を追い詰める夫の冷ややかな朝のシーンの皮肉な言葉に、夜の寝間での夫婦の性的なやり取り(ある性技の要求と拒絶、あるいはその延長にある無理矢理の性交)という秘められた淫らなイメージがどこまでも広がっていき、だからこそ妻は、自分に宿った命を殺すという堕胎によって、そういう夫に対する拒絶の意思を明らかにしたのだと思います。

当時子供だった自分がこの映画をどこまで理解したか明確な線引きなどできるわけもありませんし、また、成熟した大人の性欲のことなど具体的にどこまで解し得るのかと疑わしく思われる方もいるかもしれませんが、子供が本来的に持っている未知のものへの恐れや怯えや好奇心は、大人の世界のことを大体は察してしまうものだと考えています。

とりわけ「欲望」に関することなど、思春期の成長過程において自分が性欲を獲得していくことの同じ範囲で、大人への畏敬の念が軽蔑に変わる経験を必然的に取り込んでいくものだと思います。

妻が夫の性欲を受け止められずに、夫がほかに女を作っていることを容認せざるを得ない妻の寂しさとか、酔って帰宅した夫が寝床に臥せりながら妻を呼び寄せる際の原節子の嫌悪と諦念の表情など、原節子の演技からかなり正確に成瀬作品のエッセンスを感じ取ったと思いますが、こんな風な感じ方をしていた僕も、随分とませた嫌なガキだったんだなあとつくづく自分でも感心してしまいます。

そして極め付きのシーンは、その翌日の早朝、原節子が洗面所で蹲って鼻血を押さえている場面です。

舅・信吾は労わりながらも鼻血を押さえている嫁・菊子をじっと見つめています。

それは、労わりの気持ちから息子の嫁を気遣って心配そうに見ているという傍観者というより、明らかにその場面の舅・信吾は、「性」の対象として血を滴らせている「女」への官能的な観察者といった演技(観察の異常な快楽を描く川端作品への急接近)を感じないわけにはいきませんでした。

「娼婦のような真似ができない」菊子の、おそらく嫌悪と失意のうちに過ごしたに違いない夜に続く「その朝の鼻血」は、きっと何かが象徴的に描かれているのだと子供心にも感じたのだと思います。

いまなら、その空欄に「気持ちは拒んでも肉体が応じてしまった一夜の性的な高揚のなごりとしての鼻血」みたいな模範解答を書き込んでしまう恐れもありますが、しかし、ここに描かれている「鼻血」というものが人間にとってどうにもできないものの象徴であることだけは、薄々感づいたかもしれませんね。

横山博人の「眠れる美女」を見たとき、誰もが成瀬巳喜男の「山の音」に感じたに違いないもどかしさに、ひとつの明確な見方を示した、そんな直截な感慨を覚えたのではないかと思います。

不幸な結婚生活にじっと耐えている嫁と、それを哀れにも痛ましく見守る義父との関係が、やがてあんな風に性的に成熟していくと見るのも、これもまたあり得うべきひとつの可能性として面白いとは思いました。

この川端の原作そのものに色濃く漂う性の気配からは、どのようにでも物語的な発展を遂げる余地があるだろうとは思いますが、しかし、この年老いた義父と嫁とが、出生の秘密を抱えた赤子を挟んで幸せそうにすんなりと記念写真に納まるという単純化されたグロテスクには、やはり耐え難いものがありました。

(54東宝) 監督:成瀬巳喜男、製作:藤本真澄、脚本:水木洋子、原作:川端康成、撮影:玉井正夫、美術:中古智、音楽:斎藤一郎、録音:下永尚、照明:石井長四郎、編集:大井英史、監督助手:筧正典、 製作担当:馬場和夫

出演:原節子・上原謙・山村聡・長岡輝子・杉葉子・中北千枝子・金子信雄・丹阿弥谷津子・角梨枝子・十朱久雄、北川町子、斎藤史子、馬野都留子
1954.01.15 10巻 2,592m 白黒94分 キネ旬ベストテン第6位
[PR]
Commented by source at 2014-04-22 11:38 x
Thanks again for the post. Great.
<a href="http://pharmdiflucrx.webstarts.com/">diflucan online buy</a>
<a href="http://buycheapdoxycyclineonline.yolasite.com/">Buy Doxycycline On-line with overnight delivery</a>
by sentence2307 | 2005-03-12 11:36 | 映画 | Comments(1)