世界のあらゆる映画を偏執的に見まくる韜晦風断腸亭日乗


by sentence2307
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

大つごもりにて「三枚起請」を省察す

仕事納めの数日前から軽く風邪をひいてしまい、納めの翌日から予定していたツアー旅行を泣く泣くキャンセルしなければならなくなりました。

でも、当日までにどうにか平熱に戻って参加できるだろうくらいに高をくくって楽観し、ギリギリまでねばったのですが、熱はなかなか下がらず、キャンセル料はどんどん嵩むで、結局、コン負けして3日前に旅行会社にキャンセルの連絡を入れざるを得ませんでした。

手持ちの札は惨憺たるものなのに、ハッタリをかまし、ギリギリまで手を明かさないで、相手が先に勝負を降りるのを待つような、まるでポーカーでもしているような追い詰められた気分でした。

この数か月、仕事に忙殺され、休暇をとる暇も余裕もなかった毎日の中で、「年末の旅行」だけが、いつのまにか単調な生活に耐える唯一の励みになっていたので、キャンセルしたときはとてもショックで気落ちし、まるでうつ状態みたいになってしまったのですが、結局なにもかもがすべて自分の油断からきたことなので、諦めも結構早かったかもしれません。

ですので、この年末、旅行の予定を入れていたことから、それがスッポリ抜けてしまったので、これといってとりたてて用事もなく、どこからも電話が入らない(自分は、今頃、どこかに旅行中のはずです)まったくの空白の数日を過ごしました。

ここで電話が鳴っても、ばつの悪い言い訳のひとつも言わなければならないのかと思うと気が重く、たぶん電話は鳴りっぱなしにしておくことになると思います。かえってその方がいいような気がします。

その一方で、あれほど望んでいた「自由時間」を突然手にしたわけですから、これまでしたくとも出来ずにいたことを片っ端から処理できる絶好の機会のはずなのですが、いざ「自由時間」が実現したとなると、何をすればいいのかさっぱり思い当たりません。

あれやこれや考えてみるのですが、いざ「それ」を目の前に据えると、自分にとって、こんなことがそれほど重要なことだったのか、「なにも今、わざわざそんなことをしなくともいいではないか」という感じで、結局いままで後回しにしてきたことには、それなりの理由があったことが判明し、逆に自分の「ズボラ」を正当化してしまう妙な納得をしてしまいました。

そこで、常日頃、わずかの余白時間を工面して行っていることを、ひとつひとつ箇条書きにしてみました。

その選択の条件としては、時間切れで中断されて悔しい思いをしたことがあるもの、そして、いつも時間切れになるのをビクビクしながらしていることの2つです。

① 録画を最後まで見切れずに中断しなければならない。一夜ではどうしても見切れずに、一本の映画を刻んで見ている現状です。鑑賞したあとで、さらに映画の感想を書くというのも、一応自分に課しているスケジュールのひとつです。

② 小説でも評論でも、そこらにあるものを手当たり次第、手に取って読んでいるぶつ切りの乱読状態なので、読みたいものを読むなんてほど遠い、じっくり関連付けて読書するなんて、いまの生活では夢みたいな話です。

③ 上記と関係あるのですが、毎週の「書評」を読んでから、その中から興味のある本を選択して読むというのが理想なのですが、そもそも「書評」をwebでも新聞でも、じっくりなんて読めたためしがありません。新聞は、たまるいっぽうだし。mailチェックも追いつかないし。

④ ときどき東大TVの特別講義を見ているのですが、どれも一コマでは済まず、短くても200分以上あるので、午後9時に帰宅して、明日も早出などという限られた時間しか持てないしがないサラリーマンの身では、到底見るなんてことは不可能です。

⑤ パソコン(you tubeなど)で見られるクラシックな邦画もだいたい100分はありますから、東大TVとほぼ条件は同じです。そうそう、ときどき、志ん生、文楽、円生、志ん朝、米朝の落語を聞くというのも、自分にとって大切なストレス解消の一つになっています。

⑥ パソコンの前にいることが多いので、わざわざ録画を見るよりもパソコンで見られるwowowのメンバーズ・オンデマンドの映画が見やすいので、極力見るようにしているのですが、なにせ上記の項目が押せ押せになっているので、どうも捗々しくありません。

⑦ 投資信託の基準価格のチェックというのもあります。いまになって、やっと景気も上向きかけ「そろそろ」と盛り上がってきた雰囲気なのですが、「売り」にでるほどには、まだまだ「戻り」に至ってないというデリケートな時期ではあります。

⑧ そうそう、この時期、そろそろアカデミー賞の情報が飛び交い始めるので、いろいろなサイトをのぞき見しています。

う~ん、これだけの「したくても出来ないこと」を毎晩抱えているのですから、こりゃストレスになるのが当然かもしれませんが、よく考えてみれば、これって結局自分が自分にストレスをかけているだけじゃないかと思えてきました。あほくさ

そこで、結局は、「今晩もyou tubeで落語」ということにしました。

最近の出版物を見ていると、落語の関連本が何冊も出ていて、ちょっとした落語ブームみたいな印象を受けますが、みなさん「古典」をじっくり聞いてのブームなのか、いまひとつ疑問です。

実は、この晩に聞いた落語は、志ん朝の「三枚起請」、やり手の女郎が客をつなぎ止めるために起請文(本来は、誓紙なので1枚のはず)を乱発し、それを知った3人の騙され男たちが、仕返しに女郎に恥をかかせようとお茶屋に乗り込むのですが、逆に開き直られてしまい、剣突を食わされてしまうというストーリーです。

じつは、この落語、いろいろな噺家で何度も聞いているのですが、この晩に聞いた印象が、以前とは少し異なっていました。

噺は、通りかかった亥之吉を棟梁が呼び止め、「最近、遊びが過ぎてるっていうじゃねえか、たいがいにしねえな、おふくろさんが心配していたぜ」と問うところから始まります。そこで亥之吉は、ナカにいいのが出来た、末を誓った起請文まで貰った仲だと告白します。

その起請文を読んだ棟梁は、すこし驚きながらも、自分も同じ女郎から貰ったという起請文を見せます。

そこに清公がやってきて亥之吉の起請文を読み、自分も同じ女郎から起請文を貰ったことと、それについちゃあ妹に苦労を掛けた顛末を話して「あの女郎、ただじゃおかねえ」と激怒します。

そして、お茶屋に乗り込み、証拠の乱発した起請文を突き付けて追及するのですが、

「打つなと、蹴るなと、好きにするがいいや。だけど言っとくけどね、あたしの体は売り物だ。身請けしてからどうなと好きにしておくれ」
と開き直られます。

男たちは、鉄拳制裁ができずに、たじたじになるという結末ですが、話を順に聞いていると、この「たじたじ」になるずっと以前に、彼らは、すでに制裁の意思を喪失しているように見えます。

いまさらながら「女郎の体は売り物だ」と言われなくとも、彼らはそんなことは十分に承知していて、むしろ、最初から「制裁」なんて真剣に考えているとは思えない軽妙なお祭り気分で登楼していくようにさえうかがわれます。

陰惨な「女郎の体は売り物だ」というあまりにも生々しい台詞の彼方に広がる現実をいささかでも薄めるためにも、一方で、この軽妙なシチュエーションが、バランス的にどうしても必要だったのかもしれませんね。

川島雄三「幕末太陽傳」の軽妙さと共鳴するなにかが、この「三枚起請」には、あるのではないかと、ふと感じた年の瀬でした。



[PR]
by sentence2307 | 2017-01-01 22:27 | 映画 | Comments(0)