世界のあらゆる映画を偏執的に見まくる韜晦風断腸亭日乗


by sentence2307
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今井 正監督 年譜

★今井 正(いまい ただし、1912.1.8 ~ 1991.11.22)
日本の昭和期の映画監督。社会派映画を主に手掛け、戦後日本映画の左翼ヒューマニズムを代表する名匠。『また逢う日まで』『にごりえ』『真昼の暗黒』『米』『キクとイサム』などの作品でキネマ旬報ベストテン第1位に5回選出、入選も22回を数え、小津安二郎よりも、溝口健二、黒澤明、成瀬巳喜男よりも「キネマ旬報ベストテン」で最多の入選を誇り“ベストテン男”の異名を持つ。

1912年(明治45年)1月8日、東京都渋谷に住職の子として生まれる。
旧制芝中学校、旧制水戸高校時代よりマルクス主義と映画に傾倒し、左翼運動に関わって数回に渡り検挙される。東京帝国大学に入学。
1935年東京帝国大学中退。大学中退後、J.O.スタヂオ(現・東宝)に入社。並木鏡太郎、中川信夫などの助監督をつとめ、当時の同僚に市川崑がいた。
J.O.が合併して東宝映画が設立された1937年、今井は入社2年目にして早くも監督昇進に指名され、異例のスピード出世となった。
1937年J.O.が合併して東宝映画が設立され、入社2年目にして早くも監督昇進に指名され、異例のスピード出世となった。
しかし監督デビュー作『沼津兵学校』は出演俳優が兵役に取られるなどして完成が大幅に遅れ、2年後の1939年に公開された。
しかし、第二次世界大戦中は、自らの信念とは別に数々の戦意高揚映画を製作。1943年、朝鮮を舞台に日本の武装警官隊と抗日ゲリラとの戦いを描いたプロパガンダ映画『望楼の決死隊』が、西部劇さながらのアクション・シーンを取り入れ、はじめて今井の名が注目を集めたのは皮肉なことに植民地支配を正当化した軍国主義映画だった。

第二次世界大戦中は、自らの信念とは別に数々の戦意高揚映画を製作した。
1943年、朝鮮を舞台に日本の武装警官隊と抗日ゲリラとの戦いを描いたプロパガンダ映画『望楼の決死隊』が、西部劇さながらのアクション・シーンを取り入れ、皮肉にも注目を集める。後年今井はこれら戦意高揚映画を作ったことに対し「私の犯した誤りの中でいちばん大きい」と述べ、つらい過去を隠蔽することなく、その後の作品の中で捉え直し続けた。
戦後は、一転して戦後民主主義啓蒙映画を手掛け、1946年、今井の戦後第1回作品で戦時中の財閥の腐敗を描いた『民衆の敵』で第1回毎日映画コンクールの監督賞を受賞。その一方で榎本健一と入江たか子主演の人情喜劇『人生とんぼ返り』のような作品も手掛けた。
1949年、石坂洋次郎原作で民主主義を謳歌した青春映画『青い山脈』前後篇を監督、同名の主題歌とともに大ヒットを記録し、キネマ旬報ベストテンの第2位に選ばれ、映画監督としての地位を不動のものとした。また、「青い山脈」は、原節子の代表作でもあり、その後3度もリメイクされた、まさに国民的映画であった。
1950年、戦争によって引き裂かれた恋人の悲劇を描き、主演の岡田英次と久我美子のガラス窓越しの悲痛なキスシーンで多くの観客を感動させたメロドラマの名作『また逢う日まで』はキネマ旬報ベストテン第1位に輝いた。ロマン・ロランの小説を水木洋子が脚色し、ヴィヴィアン・リーの「哀愁」をヒントにして、反戦の意味も込めて作った。この作品で、今井は女性を美しく撮れる監督として高い評価を得た。
この頃から、自由に作品を作りたいという気持ちが昂まり、『青い山脈』の成功で手に入れた資金をもとに、東宝から独立してフリーの監督として民主主義の社会の到来を高らかに謳いあげる作品を次々と発表した。
しかし、東宝争議で中心的人物として動いたため、映画会社5社から締め出し(いわゆるレッド・パージ)、生計を立てる為に一時期、屑物の仕切り屋などもした。同様に解雇された左翼系映画人たちが次々と独立プロを立ち上げる運動が活発となり、今井はその1番手として映画製作を再開する。
山本薩夫、亀井文夫らと独立プロ・新星映画社を創立した今井は1951年、前進座と組んで、日雇い労働者たちの生活を描いた『どっこい生きてる』を発表。続いて1952年『山びこ学校』を監督。
山本薩夫、亀井文夫らと独立プロ・新星映画社を創立し1951年、前進座と組んで、日雇い労働者たちの生活を描いた『どっこい生きてる』を発表、つづいて1952年、山村の中学校を舞台にした『山びこ学校』を監督した。
1953年、当時は新興まもない弱小スタジオだった東映に招かれて、沖縄戦の悲劇を描いた『ひめゆりの塔』を製作、今井自身は出来に満足はしなかったものの、本作は大ヒットを記録
1953年、当時は新興まもない弱小スタジオだった東映に招かれて、沖縄戦の悲劇を描いた『ひめゆりの塔』を製作、今井自身は出来に満足はしなかったものの大ヒットを記録して、東映の基礎固めとなったといわれる。1982年にはセルフリメイクしている。

その後、再び独立プロに戻り、文学座と組んだ樋口一葉原作のオムニバス映画『にごりえ』(ベストテン第1位、その時の第2位は小津安二郎の『東京物語』)、また、高崎市民オーケストラ(現・群馬交響楽団)の草創期を描いた『ここに泉あり』などヒューマニズムと社会正義を前面に打ち出した瑞々しい傑作群を次々と発表した。
1956年には、日本における裁判批判映画の最初の作品として知られる八海事件の裁判で弁護を担当した正木ひろしのベストセラー「裁判官」を橋本忍が脚色した作品で、日本映画としては初めて冤罪を扱ったショッキングな実録ドラマだった。描かれている事件は当時まだ裁判中であったため最高裁判所からの圧力があったなどセンセーションを巻き起こした。
1957年、霞ヶ浦を舞台に農村の貧困を描いた、今井正の初のカラー作品『米』と、原爆症の少女と不良少年の恋を描く『純愛物語』は、映画賞の1位・2位を独占し話題を呼んだ。50年代は毎年のようにキネマ旬報ベストテンにランク・インを続け、その偉業を象徴する事例として57年の「米」第1位、「純愛物語」第2位という上位独占は、日本映画史の伝説になった。
 今井正の映画は、本人も語っているようにデ・シーカやロッセリーニらイタリアの映画作家の影響を多く受けている。敗戦を経て貧困に喘いでいる国情が似ている日本においても、熾烈な現実をえぐり取るようなリアリズムが必要だと考えた今井正は、その方法で日雇い労働者を描いた「どっこい生きてる」や混血児差別を描いた「キクとイサム」を撮った。それらを一概に「左翼的ヒューマニズム」とひと括りにするのは、今井正のリアリズムを論じる場合、あまりにも短絡すぎるかもしれない。だから、極端にいえば、今井正の映画にはカメラワークやカッティングよりも、大切なのは登場人物が描けているかどうかである。だから、演技指導の厳しさは半端でなく、多くの役者たちは撮影が地獄のようだったと回想している。例えば常連パイプレーヤーであった潮健児は自伝で、『米』のラストシーンの収録に、船の帆の貼り具合や船の位置、果ては雲の位置までを気にするあまり1週間かかったなどのエピソードを紹介している。
1959年、人種差別批判をテーマにした『キクとイサム』は、黒人との混血の姉弟と、彼らを引き取って育てる老婆の交流を描き、戦争や差別や貧困などに傷つけられる者たちへの社会的な告発を、イデオロギーを尖鋭に推したてることなく、抑えたリアリズムによって描きあげ今井正の代表作となった。
1961年、李承晩ラインをめぐる日韓関係の悪化を、在日朝鮮人の若い漁師を通して描く『あれが港の灯だ』なども話題を呼んだ。
1963年、封建社会の残酷さを描く『武士道残酷物語』で、ベルリン映画祭グランプリを受賞。その後、同映画祭で日本映画がグランプリを受賞するのは、39年後の宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』だつた。
1969年、ほるぷ映画を創立し、社長に就任した。
1970年、『橋のない川』第二部を巡って部落解放同盟から批判を受けた。
1971年、『婉という女』を完成後、資金難からほるぷ映画は解散し、1972年、古巣の東宝に招かれて反戦映画『海軍特別年少兵』を発表する。
日本共産党員であり、娯楽色豊かなヒット作を連打し、党派を超えた巨匠として日本映画に君臨した点では、山本薩夫と双璧だが(戦中に戦意高揚映画の秀作を撮っているところまで相似している)、最後まで大手からの監督依頼が絶えなかった山本に比べると、晩年は若干不遇であった。
1991年、9年ぶりに撮った『戦争と青春』完成後、その上映キャンペーンの最中、埼玉県草加市でくも膜下出血で倒れ、本作が遺作となった。
1991年11月22日死去。享年79。生涯監督作品は48本。

1.製作
1.1969.02.01 橋のない川  ほるぷ映画
2.1970.04.25 橋のない川 第二部  ほるぷ映画
3.1971.05.29 婉という女  ほるぷ映画  ... 企画
2.監督
1.1937.08.11 南国太平記  J.O.  ... 演出補助
2.1939.02.21 沼津兵学校  東宝映画京都
3.1939.08.01 われ等が教官  東宝映画東京
4.1940.01.25 多甚古村  東宝映画京都
5.1940.07.17 女の街  東宝映画京都
6.1940.11.26 閣下  東宝映画京都
7.1941.07.30 結婚の生態  南旺映画
8.1943.04.15 望楼の決死隊  東宝映画
9.1944.05.25 怒りの海  東宝
10.1945.07.26 愛の誓ひ  東宝=朝鮮映画
11.1946.04.25 民衆の敵  東宝
12.1946.06.27 人生とんぼ返り  東宝
13.1947.04.29 地下街二十四時間  東宝
14.1949.07.19 青い山脈  東宝=藤本プロ
15.1949.07.26 続青い山脈  東宝=藤本プロ
16.1949.11.28 女の顔  大泉映画
17.1950.03.21 また逢う日まで  東宝
18.1951.07.04 どっこい生きてる  新星映画
19.1952.05.01 山びこ学校  八木プロ
20.1953.01.09 ひめゆりの塔  東映東京
21.1953.11.23 にごりえ  新世紀プロ=文学座 - カンヌ映画祭コンペティション参加
22.1955.01.22 愛すればこそ 第二話 とびこんだ花嫁  独立映画
23.1955.02.12 ここに泉あり  中央映画
24.1955.08.03 由紀子  中央映画
25.1956.03.27 真昼の暗黒  現代ぷろ - カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭世界の進歩に最も貢献した映画賞
26.1957.03.04 米  東映東京 - カンヌ映画祭コンペティション参加
27.1957.10.15 純愛物語  東映東京 - ベルリン映画祭監督賞
28.1958.04.15 夜の鼓  現代ぷろ
29.1959.03.29 キクとイサム  大東映画
30.1960.04.05 白い崖  東映東京
31.1961.02.26 あれが港の灯だ  東映東京
32.1962.01.03 喜劇 にっぽんのお婆あちゃん  M・I・I・プロ
33.1963.04.28 武士道残酷物語  東映京都 - ベルリン映画祭グランプリ
34.1964.05.09 越後つついし親不知  東映東京
35.1964.11.01 仇討  東映京都
36.1967.06.10 砂糖菓子が壊れるとき  大映東京
37.1968.06.29 不信のとき  大映東京
38.1969.02.01 橋のない川  ほるぷ映画 - モスクワ国際映画祭ソ連映画人連盟賞
39.1970.04.25 橋のない川 第二部  ほるぷ映画
40.1971.05.29 婉という女  ほるぷ映画
41.1972.04.29 あゝ声なき友  松竹=渥美プロ
42.1972.08.12 海軍特別年少兵  東宝映画
43.1974.02.20 小林多喜二  多喜二プロ
44.1976.10.16 妖婆  永田プロ=大映映画
45.1976.10.23 あにいもうと  東宝映画
46.1979.01.20 子育てごっこ  五月舎=俳優座映画放送
47.1981.08.09 ゆき  にっかつ児童映画=虫プロ
48.1982.06.12 ひめゆりの塔  芸苑社
49.1991.09.14 戦争と青春  こぶしプロ=プロデュースセンタ... - モントリオール世界映画祭エキュメニカル賞
3.脚本
1.1949.07.19 青い山脈  東宝=藤本プロ
2.1949.07.26 続青い山脈  東宝=藤本プロ
3.1970.04.25 橋のない川 第二部  ほるぷ映画
[PR]
by sentence2307 | 2012-05-13 22:14 | 映画 | Comments(9)

偉大なるX

この作品は、とにかく珍品中の珍品です。

wowowもいい仕事をしてくれました。

つくづく見ることができて良かったなあと思いました。

皮肉じゃありません、皮肉じゃありませんが、「良かったなあ」と感じた理由は、この映画を見た方は既にお分かりのことと思いますが、劇中で話すある特定のセリフ(現代では、差し障りのある「言葉」なのでしょうね)がことごとく消去されてしまっていて、これがまた皮肉なことに頻繁に話される重要な場面など、頻繁に消去を繰り返すので、重要な場面ほど何を言っているのかさっぱり分からないという無様な情況を呈し、ことさら強く印象に残ってしまったのだと感じました。

消去にコダワルそのあまりの凄まじさは、軍事政権下の言語統制を思わせるような熱中ぶりで、見ながら恐怖感というか危機感というか嫌悪感におそわれ、近い将来、差別用語満載の本編そのものも存在価値を問われ、この世から抹殺されるのも時間の問題ではないかと思うのも無理ないのではないかと思ったくらいでした。

「良かったなあ」と感じた理由は、この映画を抹殺される前に見ることができてホントニ「良かったなあ」という意味です。

しかし、その「言葉」が、かくも頻繁に使われるということは、もしかしたらその「言葉」こそ、この映画のテーマを伝えるのに欠かせない核心を突く言葉だったのではないか、それを差別用語だかなんだか知りませんが無闇に消去なんかしてしまっていいものなのかとチラっと思ったのです。

その「言葉」というのは、・・うううっ・・危ない危ない、もう少しで書いてしまうところでした。

良識のある方々の総攻撃とか炎上とかがあると怖いので、僕の口から言うことはできませんが、ほらあのゴダールの作品とかにあるじゃないですか、「なんとかピエロ」とかいうの、えっ、あっちじゃない? じゃ黒澤明の方とか? まさか山田洋次じゃないですよね・・・なんて、これじゃあなんだか回りくどくて訳が分からないじゃないですか。

これって言葉狩りっていうんですよね、こういうの、いい加減止めにしません? 

きっとGHQの要請で義務的に作った国策映画というので熱意の感じられない稚拙さは、まあ仕様がないとしても、とにかくこの映画、姿勢は戦後民主主義の理想を高らかに謳い上げようとしているわけなのですから、流し手もそこらはおおらかに構えていてもよかったのかなあと感じました。

差し障りがある虞があるというだけで、重要なセリフを勝手に消去しまくっておいて、戦後民主主義の理想の謳歌もへったくれもあったもんじゃありませんものねえ。

軍事ファッショに拮抗する民主主義謳歌の映画を見ながら、僕たちは同時に現代の良識ファッショの圧力を思い知らされねばならなかったというわけなんですよね。

言論の自由を堂々と脅かすようなナチスの焚書の言語統制みたいな皮肉な音声処理映画を見せつけられて、笑うに笑えない残念な映画体験をさせていただきました。

古い話ですが、「新潮」1993年3月号で筒井康隆と井上ひさしがその辺のところを対談しているのを思い出しました。

現在僕たちが使っている言葉は、きっと長い時間をかけて封建社会の制度のなかで階級化されてきたもので、いわば一方の階級が他の階級を、それこそ「差別」することも含めて駆使されてきた道具だったわけで、そのうえで歴史的な文学作品が生み出されてきたのですから、それらの「言葉」を文脈を無視してただ隠蔽するだけの魔女狩りみたいな方法は、決して適切な行き方とは思えないような気がします。

ラスト、「偉大なるX」がなかなか姿をみせず、ヤキモキさせた末に、警察署長がみえみえの変装をして「偉大なるX」になりすまし、いざ聴衆に滔々と語り掛ける「高邁な民主主義の理念」が、気抜けするほど凡庸で苦笑せざるを得なかったのですが、その苦笑は、当然「差別用語の自主規制の過剰反応」(「みっともない」という形容詞を挟み損ないました)まで及んだことを付記しなければなりません。

ネットを見ていたら、この映画の解説のこんな一文を見つけました。

「売れない小説家の丸木文夫は、混濁の世の中を立て直す『偉大なるX』を信じて、同じアパートの貧乏画家・裕吉とX運動をはじめるが、どこへ行っても狂人の寝言として相手にされない。
管理人の娘・千代と失業者の松下だけが支持したが、あとは『犯罪のない社会』も『平和国家』も信ぜず、混濁の世の中を混濁の生き方でいこうとするものばかりだ。」
と書いてありました。

子供騙しの新興宗教の世迷言みたいな『犯罪のない社会』や『平和国家』の到来を信じないことなど常識のある人間なら当然の判断だし、むしろ『混濁の世の中を混濁の生き方』で生きていこうとする姿勢の方が、よっぽど魅力的で清々しいと思うのですが。

(1948松竹大船)監督・大庭秀雄、製作・細谷辰雄、原案・岡田日出男、脚本・新藤兼人、撮影・生方敏夫、美術・森幹男、音楽・斎藤一郎、録音・妹尾芳三郎、照明・田村晃雄
出演・宇佐美淳、津島恵子、清水一郎、杉村春子、逢初夢子、殿山泰司、三津田健、若水絹子、賀原夏子、三井弘次、神田隆、村上冬樹、青山杉作、安部徹、増田順二、
1948.05.07 9巻 2,238m 82分 白黒
[PR]
by sentence2307 | 2012-05-04 19:11 | 映画 | Comments(0)