世界のあらゆる映画を偏執的に見まくる韜晦風断腸亭日乗


by sentence2307
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

大河ドラマというものを一年通してはじめて見通しました。

「八重の桜」です。

大河ドラマを全部見るなんて、自分としても初めての経験です。

映画を愛好する者にとっては、テレビドラマという存在は、やはり一種独特な違和感があって、見ていて、なにもあんなに引き延ばす話でもないだろうという思いはありました。

皮肉に見れば、最初に一定の時間の枠が決められていて、そこに内容を無理やり縮めたり、不自然に引き延ばしたりして納めるという、作品の質とはなんら関係なく、「納める」という事務的な必須作業がまずあって一定の時間を埋めなければならないドラマ作りとしてはなんとも本末転倒な違和感です。

しかし、今年その大河ドラマを通して見てしまったというのも、また事実です。

会津に育った武家の娘が、家が砲術指南役をしていた関係で鉄砲を撃つことに魅せられて腕を磨き、ついにその腕前を戊辰戦争において薩長の会津城攻略に正確な射撃で抵抗するというのが、前半のクライマックスでした。

銃を片手にした綾瀬はるかの凛々しい立ち姿のポスターにつられて、自分もつい見始めてしまったひとりです。

後半は、明治以後、敗れた会津人へ不当な差別に苦しみながら、新島八重が民間人女性として始めて勲章をもらい逆臣の汚名を晴らすという最後になっていました。

それなら、新島八重という人が、果敢に「運命を切り開いた女性」なのかというと、ドラマを見るかぎり、そんなふうにはどうしても思えませんでした。

そこには「会津人への不当な差別」に苦しむというよりも、運命の偶然に(幸運ですが)翻弄されたひとりと言う方があたっているのではないかという印象でした。それにしたって、同郷人に対して裏切り的な痛切な部分はやっぱりあったと思います。

このあたりがドラマとしてのリアリズムをどんどん失い始めた個所なのかもしれません。

そういう意味で悲惨な会津人の姿を辛うじてリアルを保っているように見えたのは、薄汚れた裏長屋でロウガイのために落命する八重の最初の夫・川崎尚之助(どのように描こうとも藩にも妻にさえも見捨てられた存在でした)をあげるのが相応しいような気がします。

「銃撃で抵抗した敵対権力から、勲章を受けて喜ぶ」という、一直線のドラマにしてしまえば、ちょっと理解しがたい違和感は、しかし、それが本当にひとりの人間が生涯という時間を実際に生きた人生であるからなのかもしれませんね。

しかし、実はこの「大河ドラマ」経験では、ある収穫がありました。

関連本を読む楽しさに気がついたのです。

ドラマの最後の方に大山巌がよく登場するようになったので、読めないまま積んでおいた児島襄の「大山巌 1巻~4巻」を引っ張り出して読み始めました。

年が変わる前には、なんとか読み終えてしまいたいと思っています。

さて、次回は「軍師・官兵衛」だそうですね。

見るか見ないか「どうしようかな」といま考えているところですが、まあ、とりあえず関連本のリストだけでも作っておこうと思います。

以下に、リストを掲げておきますから、よかったら参考にして下さい。

それにしても、リストを作っていて感じたことなのですが、吉川英治とか司馬遼太郎の著作が意外に少ないのが気になりました。もしかしたら、こんなものじゃないのかもしれません。悪しからず。

☆浅黄霞雲・我が君主は天にあり : 軍師・黒田官兵衛伝 上下 (文芸社文庫 ) 2013
☆熱田公監修・群雄たちの興亡・播磨戦国史(神戸新聞総合出版センター)2002.12
☆跡部蛮・秀吉ではなく家康を「天下人」にした黒田官兵衛:「天才軍師」と呼ばれる男の虚と実 (双葉新書) 2013
☆安部龍太郎・安部龍太郎「英雄」を歩く(日本実業出版社)2013.7
☆新井恵美子・官兵衛の夢(ブレーン)2013.11
☆安藤英男編・黒田官兵衛のすべて(中経出版) 2013.9
☆安藤優一郎・不屈の人黒田官兵衛(メディアファクトリー新書)2013.6
☆今岡英二・天下人の軍師 上下 (黒田官兵衛、風の如く迅速に) (メディアワークス文庫KADOKAWA) 2013
☆上田秀人監修・黒田官兵衛 : 乱世を水の如く生きた最強軍師 (三才ムック vol.651 三才ブックス) 2013
☆上田秀人・月の武将黒田官兵衛 書下し戦国長篇(徳間文庫) 2007.10
☆上田秀人・鏡の武将黒田官兵衛 書下し戦国長篇(徳間文庫) 2008.10
☆上田秀人・天主信長・我こそ天下なり(講談社)2010.8
☆上田秀人・軍師の挑戦 上田秀人初期作品集(講談社文庫) 2012/04
☆上田秀人・日輪にあらず・軍師黒田官兵衛(徳間書店)2012.9
☆上田秀人・天主信長 裏 天を望むなかれ(講談社文庫 ) 2013.8
☆NHK取材班編・その時歴史が動いた29 (KTC中央出版) 2004/11
☆江宮隆之・黒田官兵衛(学研M文庫 学研パブリッシング) 2013.8
☆大沢俊作・臥竜の夢・ 戦国孔明黒田如水(叢文社)2000.1
☆荻野 忠行・黒田官兵衛 如水の妹 妙圓大姉・備前と筑前の浦上氏と小河氏 福岡城・名島城・伊野皇大神宮(梓書院)2010.4
☆小沢章友 作,流石景 絵・黒田官兵衛 : 天下一の軍師(講談社青い鳥文庫. 戦国武将物語)2013
☆小和田哲男・黒田官兵衛・智謀の戦国軍師( 平凡社新書 ) 2013.11
☆小和田哲男・名軍師ありて、名将あり(NHK出版)2013.10
☆小和田哲男総監修・NHKその時歴史が動いた傑作DVDマガジン 戦国時代編 vol.4 (講談社mook) 2011
☆加来 耕三・黒田官兵衛軍師の極意( 小学館新書 ) 2013.10
☆加来耕三・真説黒田官兵衛(人物文庫 学陽書房) 2013
☆加来耕三・黒田官兵衛不敗の計略 (人物文庫 学陽書房) 2013
☆加来 耕三企画・構成・監修・黒田官兵衛( コミック版日本の歴史・ポプラ社 )2013.11
☆加来耕三・乱世を勝ち抜く参謀学、秀吉を天下人にした半兵衛と官兵衛(二見書房)1999.2
☆加野厚志・名参謀黒田官兵衛 : 戦国最強の交渉人 (文芸社文庫 ) 2013
☆河合敦, 山口正 監修・週刊新マンガ日本史 : 50人の人物で時代を読み解く25 (朝日ジュニアシリーズ) 2011
☆楠木 誠一郎・黒田官兵衛 天下人の軍師 (講談社 火の鳥伝記文庫)2013-12-13
☆楠木誠一郎・黒田官兵衛は名探偵!! : タイムスリップ探偵団と中国大返しを成功させよ!の巻 (講談社青い鳥文庫) 2013
☆楠木 誠一郎・黒田官兵衛は天下を狙ったのか( ベスト新書) 2013.12
☆国松俊英作、十々夜画・黒田官兵衛 : 秀吉を天下一にした男 (フォア文庫 岩崎書店) 2013
☆黒田如泉・私の黒田官兵衛如水(文芸社)2011
☆黒部 亨・勇将・後藤又兵衛(PHP研究所)1997.3
☆小松 哲史・人使いの極意・乱世を生き抜いた知将の至言( 新潮新書)2008.12
☆雜賀 信行・キリシタン黒田官兵衛 上巻(雜賀編集工房)2013.10
☆桜田 晋也・大軍師黒田官兵衛 歴史小説(祥伝社)2000.12
☆桜田 晋也・芋汁武士道 家康と徳川家臣団(祥伝社) 2000/02
☆重野なおき・軍師 黒田官兵衛伝 1 (ジェッツコミックス 白泉社) 2014.1
☆司馬 遼太郎・歴史のなかの邂逅1 空海〜豊臣秀吉(中央公論新社) 2007.4
☆司馬 遼太郎・司馬遼太郎全講演・第3巻1990-1995(朝日新聞社)2000.9
☆嶋津義忠・竹中半兵衛と黒田官兵衛 : 秀吉に天下を取らせた二人の軍師(PHP文庫)2006.2
☆史遊会 編・歴史のみち草 : 埋もれた真相に挑む (彩流社)2010
☆週刊『日本の100人』 : 歴史をつくった先人たち No.022黒田官兵衛 (デアゴスティーニ・ジャパン)2012.6
☆週刊『日本の100人』 : 歴史をつくった先人たち No.049黒田官兵衛(デアゴスティーニ・ジャパン)2007.1
☆人物探訪・日本の歴史 6 (暁教育図書) 1975
☆晋遊舎・黒田官兵衛 : 鮮烈な生涯(晋遊舎ムック. 歴史探訪シリーズ) 2013
☆末國善己編・黒田官兵衛 : 小説集(作品社)2013.9
☆諏訪勝則・黒田官兵衛 : 「天下を狙った軍師」の実像(中公新書)2013.11
☆高橋 直樹・軍師黒田官兵衛(潮出版社)2013.11
☆高橋 和島・新史黒田官兵衛(PHP研究所)1997.6
☆高橋和島・黒田官兵衛(学陽書房 人物文庫)2006.6
☆滝沢 弘康・秀吉家臣団の内幕・天下人をめぐる群像劇( ソフトバンク新書) 2013.9
☆岳 宏一郎・乱世が好き 上(毎日新聞社)1997.10
☆竹中亮・織田大戦記 9 (歴史群像新書 学習研究社) 2005
☆玉岡 かおる・虹、つどうべし・別所一族ご無念御留(幻冬舎)2013.11
☆津田太愚 著,つだゆみ マンガ・黒田官兵衛のことがマンガで3時間でわかる本 : へえ~そうなのか!(明日香出版社)2013
☆寺林 峻・エピソードで読む黒田官兵衛・ナンバー2の行動学( PHP文庫 ) 2003.4
☆童門 冬二・黒田官兵衛・知と情の軍師(時事通信出版局)2013.11
☆童門冬二 監修・週刊名将の決断 no.11 (勝者「九州関ケ原の戦い」黒田官兵衛・敗者「会津戦争」松平容保) (朝日カルチャーシリーズ) 2009
☆十波新・黒田官兵衛の逆襲 : 我に秘策あり(歴史群像新書 学研パブリッシング) 2013
☆中井均 監修・黒田官兵衛をめぐる65の城 : お城の手帖 : ニッポンのお城に会いに行く! (タツミムック 辰巳出版) 2013
☆中江 克己・黒田官兵衛知略と野望(学研M文庫 学研パブリッシング) 2013.12
☆中江 克己・戦国軍師の知略・将を動かし勝機を摑む(青春新書) 2008.6
☆中津市教育委員会編・初代中津城主黒田官兵衛をたどる (中津市教育委員会) 2013
☆名古屋市秀吉清正記念館編・二人の軍師・竹中半兵衛と黒田官兵衛 : 特別陳列(名古屋市秀吉清正記念館)1997
☆夏野清三郎・男たちの戦国 : 戦国武将友情始末 (ぶんか社文庫) 2007
☆二木謙一監修・知れば知るほど面白い黒田官兵衛忍従と野望(実業之日本社)2013.9
☆日本裏歴史研究会・人に教えたくなる裏日本史 : 仰天の〈歴史に埋もれた真実〉黒田官兵衛・豊臣秀吉・赤穂浪士・ゼロ戦etc(竹書房)2013
☆日本の100人 : 歴史をつくった先人たち No.049 (デアゴスティーニ・ジャパン)2007
☆野中信二・軍師黒田官兵衛(人物文庫・学陽書房) 2013
☆野中信二・軍師・黒田官兵衛 : 文庫書下ろし/長編時代小説(光文社文庫)  2002
☆浜野卓也・黒田官兵衛 : 秀吉も一目おいた天下人の器(PHP文庫)1996.6
☆葉室 麟・風の王国・官兵衛異聞(講談社)2009.9
☆葉室麟・風の軍師 : 黒田官兵衛(講談社文庫) 2013
☆葉室 麟・風渡るJosui Simeon & Joan (講談社文庫) 2012/05
☆林 洋海・キリシタン武将黒田官兵衛・秀吉と家康から怖れられた智将(現代書館)2013.10
☆原口 泉監修・黒田官兵衛天下取りを演出した稀代の軍師 : 2014年NHK大河ドラマ (MS MOOK メディアソフト) 2013
☆原田 種真・黒田如水(勉誠社)1996.12
☆播磨学研究所編・稀代の軍師黒田官兵衛(神戸新聞総合出版センター ) 2008.4
☆播磨学研究所編・姫路城を彩る人たち( 姫路文庫神戸新聞総合出版センター) 2000.12
☆播磨学研究所編・黒田官兵衛 : 稀代の軍師(神戸新聞総合出版センター)2008
☆火坂 雅志・軍師の門 上下(角川学芸出版) 2008/11
☆火坂 雅志編・実伝黒田官兵衛(角川文庫 角川学芸出版) 2013.5
☆姫路文学館編・黒田官兵衛の魅力 : 天下をねらった播磨の智将 : 開館20周年記念特別展(姫路文学館)2011
☆姫路文学館編・播磨灘物語展 : 智将黒田官兵衛を描く (姫路文学館) 1992
☆福岡市文学館編集・作家たちに愛された黒田官兵衛 (福岡市文学館)2013
☆福田要 編・黒田官兵衛「吾れは中才」 : 史話 : 勘解由次官黒田官兵衛孝高如水圓清(播磨の黒田武士顕彰会・事務局) 2008
☆福永雅文・黒田官兵衛に学ぶ経営戦略の奥義“戦わずして勝つ!” (B&Tブックス 日刊工業新聞社) 2013
☆福本 錦嶺・黒田官兵衛孝高 : 秀吉の参謀 (三木市観光協会) 2007
☆藤咲 あゆな・黒田官兵衛・天才軍師ここにあり( ポプラポケット文庫) 2013.11
☆藤原龍雄 編集・播磨古事 : 黒田官兵衛研究 (播磨学研究所)2013
☆不破俊輔・黒田官兵衛その生涯 = A Life of Kuroda Kanbeh(明日香出版社)2013
☆別冊歴史読本・戦国13人の名軍師 (新人物往来社) 2002/03
☆松平 定知・歴史を「本当に」動かした戦国武将( 小学館新書) 2009.6
☆水谷俊樹 原作,やまざきまこと作画・黒田官兵衛 (ポプラ社) 2013 加来耕三企画・構成・監修,
☆宮崎 正弘・黒田官兵衛の情報学(インテリジェンス) ( 晋遊舎新書) 2013.10
☆Mediax Mook 422・黒田官兵衛、その波乱の生涯 : 天国と地獄 (メディアックス) 2013
☆本山一城・播磨の黒田官兵衛(本山プロダクション)2004
☆本山一城・竹中半兵衛と黒田官兵衛(村田書店)1988.5
☆百田 文・黒田官兵衛 漫画でよめる! 天下をねらった天才軍師(講談社)2013-12-14
☆八幡和郎監修・軍師黒田官兵衛その戦略と生涯(別冊宝島)2013
☆湯浅常山 原著,大津雄一, 田口寛 訳注・戦国武将逸話集 : 訳注『常山紀談』巻一~七 (勉誠出版)2010
☆由良 弥生・黒田官兵衛と乱世の妻たち(セブン&アイ出版)2013.5
☆横山茂彦・軍師・黒田官兵衛に学ぶ、絶対に負けない経営学(宝島SUGOI文庫) 2013
☆横山光輝・横山光輝時代傑作選 黒田官兵衛の章(講談社プラチナコミックス) 2008
☆吉川 英治・黒田如水(新潮文庫) 2013/10
☆吉橋 通夫・官兵衛、駆ける。(講談社)2013.11
☆ルイス・フロイス・ 松田毅一, 川崎桃太訳・黒田官兵衛の改宗と少年使節の帰国 完訳フロイス日本史(中公文庫)2000.11
☆るるぶ情報版 九州・るるぶ福岡 '14 (JTBパブリッシング) 2013/08
☆歴史読本 ; 第58巻第5号・徹底検証 黒田官兵衛 (新人物往来社) 2013
☆歴史読本 第39巻第19号シリーズ真説戦国史・竹中半兵衛と黒田官兵衛(新人物往来社)1994.10
☆歴史ビジュアルシリーズ・黒田官兵衛 :2014年大河ドラマの主人公を徹底解剖 : 奇想天外な軍略で戦国を駆け抜けた奇才 (双葉社スーパームック.) 2013
☆歴史REAL戦国最強の軍師黒田官兵衛と竹中半兵衛 : 秀吉を天下人にした「二兵衛」の生涯を追う! (洋泉社MOOK) 2013
☆鷲尾雨工・黒田官兵衛(河出文庫)2013.7
☆渡辺寿光・参謀 : 黒田官兵衛という生き方(小学館文庫) 2002
☆渡邊 大門・黒田官兵衛・作られた軍師像(講談社現代新書) 2013.9
☆渡邊 大門・黒田官兵衛・長政の野望 もう一つの関ケ原(角川選書) 2013.8
☆渡邊 大門・誰も書かなかった黒田官兵衛の謎(中経の文庫) 2013.7
[PR]
by sentence2307 | 2013-12-23 18:13 | 映画 | Comments(1)