世界のあらゆる映画を偏執的に見まくる韜晦風断腸亭日乗


by sentence2307
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

第84回アカデミー賞の全ノミネーション

第84回アカデミー賞の全ノミネーションがロサンゼルスのサミュエル・ゴールドウィン・シアターで発表されました。

遙かな国で行われている、しかも見ていない作品ばかりの受賞レースをあれこれ考えるというのも、なんだか変てこな話ですが、しかし、これらの作品がゴク近い将来、日本でほとんど見られることを考えれば、この作業も結構楽しかったりします。

しかし、反面、根掘り葉掘り「予習」し過ぎてしまうと、いざ実際に見る段になると「既視感」というのでしょうか、なんだかもう見てしまった映画を再び見直しているような(ダレたような)感じがしてしまうので、好奇心もそこそこで止めとかないと、つまらない一年を送ることになってしまいます。

なにしろここで話題にのぼる作品は、その年に取られた映画の頂点を極めるような優れた作品ばかりなのですから、そこのところはきわめて慎重に対処する必要があります。

今年のノミネートで一番の話題は、なんといってもマーティン・スコセッシ監督の「ヒューゴの不思議な発明」が作品賞や監督賞など最多11部門でノミネートされたことでしょうか、それに続いてゴールデン・グローブ賞で最多3部門受賞するなど、評価の高いモノクロサイレント映画「アーティスト」が10部門にノミネートされていて、今年の話題はこのふたつの作品の一騎打ちの行方を予想するコラムが多く見受けられました。

それと、こちらは残念なほうですが、レオナルド・ディカプリオが主演男優賞へのノミネートから落ちたことが、ずいぶん話題になりました。

主演女優賞ですが、ゴールデン・グローブ賞を受賞したメリル・ストリープとミシェル・ウィリアムズがしっかりノミネートされています。

メリル・ストリープのノミネートは、今回で17回目、俳優としての最多ノミネート記録(ストリープ自身が持っています)を更新し、それと、脚本賞にノミネートされたウディ・アレンも、同部門ノミネート記録を15回に更新したそうです。すごいですねえ~

The 84th Annual Academy Awards ①
Nominations announced Tuesday, January 24th; winners announced on Sunday, February 26th.

Best Motion Picture of the Year
Nominees:

★The Artistアーティスト (2011): Thomas Langmann  2011年・第64回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞した白黒&サイレントのラブストーリー。舞台は1927年のハリウッド。スター俳優のジョージ・バレンタインは若い端役女優のペピー・ミラーを見初めてスターへと導くが、折しも映画産業は無声からトーキーのへの移行期。声とセリフ回しに問題のあるジョージが落ちぶれていく一方で、ペピーはスターダムを駆け上がっていく。監督は06年の第19回東京国際映画祭グランプリ受賞作「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」のミシェル・アザナビシウス。【監督】ミシェル・アザナビシウス【製作】トマ・ラングマン【脚本】ミシェル・アザナビシウス【撮影】ギョーム・シフマン【美術】ローレンス・ベネット【衣装】マーク・ブリッジス【編集】アン=ソフィー・ビヨン、ミシェル・アザナビシウス【音楽】ルドビック・ブールス【キャスト】ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、マルコム・マクダウェル、ミッシー・パイル、ベス・グラント、エド・ローター、ジョエル・マーレイ、ケン・ダビティアン

★The Descendantsファミリー・ツリー (2011): Jim Burke, Alexander Payne, Jim Taylor  「サイドウェイ」「アバウト・シュミット」のアレクサンダー・ペイン監督がジョージ・クルーニーを主演に迎え、ハワイで暮らすある家族に起こる出来事を描いたドラマ。ハワイ・オアフ島で妻エリザベスと2人の娘に囲まれ幸せな人生を送っていたマット・キングだったが、ある日、エリザベスがボートの事故でこん睡状態に陥ってしまう。さらに、そのことをきっかけにエリザベスには恋人がおり、離婚を考えていたことが発覚。友人や長女もその事実を知っていたことにがく然としたマットは、自らの人生を見つめ直すことになる【監督】アレクサンダー・ペイン【製作】アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー、ジム・バーク【原作】カウイ・ハート・ヘミングス【脚本】アレクサンダー・ペイン、ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ【撮影】フェドン・パパマイケル【美術】ジェーン・アン・スチュワート【編集】ケビン・テント【衣装】ウェンディ・チャック。【キャスト】ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、ボー・ブリッジス、ジュディ・グリア、アマラ・ミラー

★Extremely Loud & Incredibly Closeものすごくうるさくて、ありえないほど近い (2011): Scott Rudin  2005年に発表され、「9・11文学の金字塔」と評されたジョナサン・サフラン・フォアによるベストセラー小説を、「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」のスティーブン・ダルドリー監督が映画化。9・11テロで最愛の父を亡くした少年オスカーは、クローゼットで1本の鍵を見つけ、父親が残したメッセージを探すためニューヨークの街へ飛び出していく。第2次世界大戦で運命の変わった祖父母、9・11で命を落とした父、そしてオスカーへと歴史の悲劇に見舞われた3世代の物語がつむがれ、最愛の者を失った人々の再生と希望を描き出していく。脚本は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のエリック・ロス。オスカーの父親役にトム・ハンクス、母親役にサンドラ・ブロックらアカデミー賞俳優がそろう。【監督】スティーブン・ダルドリー【製作】スコット・ルーディン【製作総指揮】セリア・コスタス、マーク・ロイバル、ノーラ・スキナー【原作】ジョナサン・サフラン・フォア【脚本】エリック・ロス【撮影】クリス・メンゲス【美術】K・K・バレット【衣装】アン・ロス【編集】クレア・シンプソン【音楽】アレクサンドル・デプラ【キャスト】トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ビオラ・デイビス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト、ジェームズ・ガンドルフィーニ、ゾーイ・コールドウェル

★The Helpヘルプ 心がつなぐストーリー (2011): Brunson Green, Chris Columbus, Michael Barnathan  1960年代の米ミシシッピを舞台に、白人女性と黒人家政婦たちの友情が旧態依然とした街を変革していく様子を描いたベストセラー小説の映画化。南部の上流階級に生まれた作家志望のスキーターは、当たり前のように黒人のメイドたちに囲まれて育ったが、大人になり白人社会に置かれたメイドたちの立場に疑問を抱きはじめる。真実を明らかにしようとメイドたちにインタビューを試みるスキーターだったが、誰もが口を閉ざすばかり。そんな中、ひとりのメイドがインタビューに応じたことから、社会全体を巻き込んだ大きな事態へと進展していく。主演はエマ・ストーンとビオラ・デイビス。監督は「ウィンターズ・ボーン」などにも出演している俳優のテイト・テイラー。【監督】テイト・テイラー【製作】ブロンソン・グリーン、クリス・コロンバス、マイケル・バーナサン【製作総指揮】マーク・ラドクリフ、テイト・テイラー、L・ディーン・ジョーンズ・Jr.、ネイト・バーカス、ジェニファー・ブラム、ジョン・ノリス、ジェフ・スコール、モハメッド・カラフ・アル=マズルーイ【原作】キャスリン・ストケット【脚本】テイト・テイラー【撮影】スティーブン・ゴールドブラット【美術】マーク・リッカー【編集】ヒューズ・ウィンボーン【衣裳】シャレン・デイビス【音楽】トーマス・ニューマン【キャスト】エマ・ストーン、ジェシカ・チャステイン、ビオラ・デイビス、ブライス・ダラス・ハワード、アリソン・ジャネイ、オクタビア・スペンサー

★Hugoヒューゴの不思議な発明(2011/II): Graham King, Martin Scorsese  世界各国でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説「ユゴーの不思議な発明」を、マーティン・スコセッシ監督が3Dで映画化。1930年代のパリ。孤児の少年ヒューゴは、父親の残した壊れた機械人形とともに駅の時計塔に隠れ住んでいた。ある日、機械人形の修理に必要なハート型の鍵を持つ少女イザベルと出会ったヒューゴは、人形に秘められた壮大な秘密をめぐって冒険に繰り出す。主人公ヒューゴを演じるのは「縞模様のパジャマの少年」のエイサ・バターフィールド。イザベル役に「キック・アス」「モールス」のクロエ・モレッツ。【監督】マーティン・スコセッシ【製作】グレアム・キング、ティム・ヘディントン、マーティン・スコセッシ、ジョニー・デップ【製作総指揮】エマ・ティリンガー・コスコフ、デビッド・クロケット、ジョージア・カカンデス、クリスティ・デムブロウスキー、バーバラ・デ・フィーナ【原作】ブライアン・ セルズニック【脚本】ジョン・ローガン【撮影】ロバート・リチャードソン【美術】ダンテ・フェレッティ【編集】セルマ・スクーンメイカー【衣装】サンディ・パウエル【音楽】ハワード・ショア【キャスト】エイサ・バターフィールド、クロエ・モレッツ、サシャ・バロン・コーエン、ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、レイ・ウィンストン、クリストファー・リー、ヘレン・マックロリー、リチャード・グリフィス、フランシス・デ・ラ・トゥーア、エミリー・モーティマー、マイケル・スタールバーグ

★Midnight in Parisミッドナイト・イン・パリ (2011): Letty Aronson, Stephen Tenenbaum  「アニー・ホール」「それでも恋するバルセロナ」のウッディ・アレン監督・脚本によるラブコメディ。ハリウッドで売れっ子の脚本家ギルは、婚約者アィネズと彼女の両親とともにパリに遊びに来ていた。パリの魔力に魅了され、小説を書くためにパリへの引越しを決意するギルだったが、アィネズは無関心。2人の心は離ればなれになり……。キャストはギルにオーウェン・ウィルソン、アィネズにレイチェル・マクアダムスのほか、マリオン・コティヤール、仏大統領夫人としても知られるイタリア出身の歌手カーラ・ブルーニら豪華スターが顔をそろえる。【監督】ウッディ・アレン【製作】レッティ・アロンソン、スティーブン・テネンバウム、ハウメ・ロウレス【製作総指揮】ハビエル・メンデス【脚本】ウッディ・アレン【撮影】ダリウス・コンジ【美術】アン・セイベル【編集】アリサ・レプセルター【衣裳】ソニア・グランデ【キャスト】キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン

★Moneyballマネーボール (2011): Michael De Luca, Rachael Horovitz, Brad Pitt  メジャーリーグ「オークランド・アスレチックス」のGM(ゼネラルマネージャー)、ビリー・ビーンの半生を、ブラッド・ピット主演で映画化。全米約30球団の中でも下から数えたほうが早いといわれた弱小球団のアスレチックスを独自の「マネー・ボール理論」により改革し、常勝球団に育てあげたビーンの苦悩と栄光のドラマを描く。監督は「カポーティ」のベネット・ミラー。「シンドラーのリスト」のスティーブン・ザイリアンと「ソーシャル・ネットワーク」のアーロン・ソーキンが脚本を担当した。【監督】ベネット・ミラー【製作】マイケル・デ・ルカ、レイチェル・ホロビッツ、ブラッド・ピット【製作総指揮】スコット・ルーディン、アンドリュー・カーシュ、シドニー・キンメル、マーク・バクシ【原作】マイケル・ルイス【原案】スタン・シャービン【脚本】スティーブン・ザイリアン、アーロン・ソーキン【撮影】ウォーリー・フィスター【美術】ジェス・ゴンコール【編集】クリストファー・テレフセン【衣装】カシア・ワリッカ=メイモン【音楽】マイケル・ダナ【キャスト】ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ロビン・ライト、フィリップ・シーモア・ホフマン、クリス・プラット、ケリス・ドーシー、キャスリン・モリス、スティーブン・ビショップ、ブレント・ジェニングス、ジャック・マクギー、ニック・サーシー、グレン・モーシャワー

★The Tree of Lifeツリー・オブ・ライフ (2011): Sarah Green, Bill Pohlad, Dede Gardner, Grant Hill  「天国の日々」「シン・レッド・ライン」のテレンス・マリック監督が、ブラッド・ピット、ショーン・ペンを主演に描くファンタジードラマ。1950年代半ば、オブライエン夫妻は中央テキサスの田舎町で幸せな結婚生活を送っていた。しかし夫婦の長男ジャックは、信仰にあつく男が成功するためには「力」が必要だと説く厳格な父と、子どもたちに深い愛情を注ぐ優しい母との間で葛藤(かっとう)する日々を送っていた。やがて大人になって成功したジャックは、自分の人生や生き方の根源となった少年時代に思いをはせる……。製作も務めたピットが厳格な父親に扮し、成長したジャックをペンが演じる。第64回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した。【監督】テレンス・マリック【製作】サラ・グリーン、ビル・ポーラッド、ブラッド・ピット、デデ・ガードナー、グラント・ヒル【脚本】テレンス・マリック【撮影】エマニュエル・ルベツキ【美術】ジャック・フィスク【編集】マーク・ヨシカワ【音楽】アレクサンドル・デプラ【キャスト】ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン

★Senka no uma戦火の馬(2011): Steven Spielberg, Kathleen Kennedy  1982年にイギリスで発表され、舞台化もされて成功を収めたマイケル・モーパーゴの小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化。第1次大戦下、農家の少年アルバートは毎日を共にしていた農耕馬のジョーイを軍馬として騎馬隊に売られてしまう。フランスの戦地に行くことになったジョーイを探すため、アルバートは徴兵年齢に満たないにもかかわらず入隊し、激戦下のフランスへと向かう。主人公アルバート役にイギリスの若手俳優ジェレミー・アービン。そのほかエミリー・ワトソン、デビッド・シューリス、ピーター・ミュランら名優が脇を固める。【監督】スティーブン・スピルバーグ【製作】スティーブン・スピルバーグ、キャスリーン・ケネディ【製作総指揮】フランク・マーシャル、レベル・ゲスト【原作】マイケル・モーパーゴ【脚本】リー・ホール、リチャード・カーティス【撮影】ヤヌス・カミンスキー【美術】リック・カーター【衣装】ジョアンナ・ジョンストン【編集】マイケル・カーン【音楽】ジョン・ウィリアムズ【キャスト】ジェレミー・アービン、エミリー・ワトソン、デビッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストリュプ

Best Performance by an Actor in a Leading Role
Nominees:

Demián Bichir for A Better Life (2011)  デミアン・ビチル 「明日を継ぐために」
George Clooney for The Descendants (2011)  ジョージ・クルーニー 「ファミリー・ツリー」 
Jean Dujardin for The Artist (2011)  ジャン・デュジャルダン 「アーティスト」
Gary Oldman for Tinker Tailor Soldier Spy (2011)  ゲイリー・オールドマン 「裏切りのサーカス」 
Brad Pitt for Moneyball (2011)  ブラッド・ピット 「マネーボール」 

Best Performance by an Actress in a Leading Role
Nominees:

Glenn Close for Albert Nobbs (2011)  グレン・クローズ 「アルバート・ノッブス」
Viola Davis for The Help (2011)  ヴィオラ・デイヴィス 「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」
Rooney Mara for The Girl with the Dragon Tattoo (2011)  ルーニー・マーラ 「ドラゴン・タトゥーの女」
Meryl Streep for The Iron Lady (2011)  メリル・ストリープ 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 
Michelle Williams for My Week with Marilyn (2011)  ミシェル・ウィリアムズ 「マリリン 7日間の恋」

Best Performance by an Actor in a Supporting Role
Nominees:

Kenneth Branagh for My Week with Marilyn (2011)  ケネス・ブラナー 「マリリン 7日間の恋」
Jonah Hill for Moneyball (2011)  ジョナ・ヒル 「マネーボール」 
Nick Nolte for Warrior (2011)  ニック・ノルティ 「ウォーリアー(原題) / Warrior」 
Christopher Plummer for Beginners (2010)  クリストファー・プラマー 「人生はビギナーズ」
Max von Sydow for Extremely Loud & Incredibly Close (2011)  マックス・フォン・シドー 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
Best Performance by an Actress in a Supporting Role
Nominees:
Bérénice Bejo for The Artist (2011)  ベレニス・ベジョ 「アーティスト」 
Jessica Chastain for The Help (2011)  ジェシカ・チャステイン 「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」
Melissa McCarthy for Bridesmaids (2011)  メリッサ・マッカーシー 「ブライズメイズ(原題)」
Janet McTeer for Albert Nobbs (2011)  ジャネット・マクティア 「アルバート・ノッブス」
Octavia Spencer for The Help (2011)  オクタヴィア・スペンサー 「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」 

Best Achievement in Directing
Nominees:

Woody Allen for Midnight in Paris (2011)  ウッディ・アレン「ミッドナイト・イン・パリ」
Michel Hazanavicius for The Artist (2011)  ミシェル・アザナヴィシウス「アーティスト」
Terrence Malick for The Tree of Life (2011)  テレンス・マリック「ツリー・オブ・ライフ」
Alexander Payne for The Descendants (2011)  アレクサンダー・ペイン「ファミリー・ツリー」
Martin Scorsese for Hugo (2011/II)  マーティン・スコセッシ「ヒューゴの不思議な発明」
[PR]
Commented by cheapoakleysung at 2013-06-24 05:23 x
This post concerning SEO gives clear thought in support of new SEO visitors that how to do Search engine optimization, therefore keep it up. Pleasant work <a href="http://www.undp.org.ph/events/fakeoakleys.htm" title="cheap oakley sunglasses">cheap oakley sunglasses</a>
by sentence2307 | 2012-02-05 09:16 | 映画 | Comments(1)