世界のあらゆる映画を偏執的に見まくる韜晦風断腸亭日乗


by sentence2307

トゥヤーの結婚

「トゥヤーの結婚」は、内モンゴル地区の遊牧民を描いたとても素朴な映画で、2007年度ベルリン国際映画祭で金熊賞のグランプリを受賞したという評価の高い作品です。

しかし、その「素朴さ」の意味も含めて、この作品のどこが「高い評価」につながったのかについては、じっくりと検証する必要があります。

なにしろ、ベルリン国際映画祭におけるこれまでの選出作品をみると、日本作品の評価のされ方も「そう」なのですが、なんとなく偏った印象というか、ただ「目を引くような辺境もの」「物珍しい奇妙な習俗や風習」が描かれてさえいれば、ただちに評価に結びついてしまう、ちょっと安直で偏屈というかへそ曲がりっぽいものを感じていたからかもしれません。

裏返していえば、そこには、ごく貧しい中央アジアの遊牧民や、あるいは奇妙な習俗にがんじがらめに囚われ、閉ざされた身分社会のなかで追い詰められ、ついに死を選ばざるを得ない極東の狂気の武士の物語(今井正の「武士道残酷物語」のつもりですが、欧州において今井正の名前がこの「武士道残酷物語」によって記憶されてしまうとすると、やっぱりちょっと複雑な思いがしますよね)など、その映画自体に対してというよりも、むしろその「奇妙さ」「惨めさ」「残酷さ」「無様さ」「いかがわしさ」「貧乏ったらしさ」「むごたらしさ」(まだまだネガティブな言葉があると思いますので、思いついたら、あとからどんどん付け足していきますね)にそそがれる視線のなかには、ただただ興味本位の、西欧の成熟し安定した社会で平穏すぎる退屈な生活をおくることに飽き飽きした西欧人の、なんか刺激的なものはないかとアジアに注がれる視線のいかがわしさを感じてしまうのです。

死をかけて人間であることの誇りを描いた「武士道残酷物語」も、自分の家族は誰ひとり見捨てないと誓った遊牧民の妻の素朴なモラルに生きる悲しみを描いた「トゥヤーの結婚」も、同じような西欧価値観主体のひとりよがりな「評価」という視線に漉されてしまったとき、その作品が持っていた本来の姿(素朴や人間的な誠実さの意味)が、はたしてどのようなものに変質してしまうのか(逆に、極東に生きる黄色い肌をしたボクたちの「感性」が、はたしてどのように変質してしまうか、という逆作用だってないとは限りません)ちょっと気になったのです。

さて、最近、この作品について、とても驚いた(ある意味「素晴らしい」)感想に遭遇したので、これは是非とも書き留めておかなくてはと、急いでパソコンの前に座りました。

その「感想氏」は、この映画を見て、作中でもっとも印象に残ったセリフとして、「女をものにしたかったら、その気にさせてからにしなさい!」というトゥヤーの言葉をあげていました。

確かに、そのセリフは、映画のなかにあります。

元クラスメートのボロルが、トゥヤーが結婚をほぼ了承しているというのに、コトを急いで(魔が差したとでもいうのでしょうか)ホテルで彼女と無理やり肉体関係を結ぼうとして拒絶され、そのときに彼女から投げつけられる(罵られる感じで吐かれた)拒絶の言葉でした。

そんなことくらいでヒルムような気の弱さでは、日本のAVに出演することなど、もちろん望外です。

そのあとの意気消沈ぶりには、目を覆いたくなるものが、確かにありますが、あえて一番に上げなければならないような重要なものとも思えません。

むしろ、一瞬「そっちかい!」という思いで唖然としたくらいでした。

「女をものにしたかったら、その気にさせる」ことは、とても大切なことではありますし、またきわめて当然と言えば当然なことで、むしろそのことに失敗したとなると、大変なことになるわけで、翌日から彼女が目を合わさないようになる、話し掛けても答えない、こちらさえ見ない、まるで自分は彼女にとっての風景の一部となりさがってしまったかのように見過ごされ、しまいには社内の全女性から無視されるようになる、やがて全女子社員の協力をまったく得られなくなり、すぐにも仕事にいきづまる、だんだん会社に居ずらくなる、むしろ、いられなくなる、いや、その程度の社内のスポイルだけならともかく、最悪の場合は強姦未遂で告訴されて警察沙汰のとんでもない発展の仕方をすることだってないわけじゃない。

延々とこんな妄想を書き綴っても仕方がないのですが、僕が言いたいのは、「女をものにしたかったら、その気にさせる」というセリフにこのシトが心惹かれたということは、そういうことなのではないかと考えたのです。

この考え方っていうか、妄想の方向性って、ずいぶんと西欧的だなと思ったのです。

これが、僕が、この感想「女をものにしたかったら、その気にさせる」を面白いと感じた理由です。

(2007中国)監督ワン・チュアンアン、脚本ルー・ウェイ、ワン・チュアンアン、製作総指揮ユアン・ハンユエン、ワン・ルー、チェン・ツーチョン、製作コン・ターシュン、ヤン・チュイカン、撮影監督ルッツ・ライテマイヤー、美術ウェイ・タオ、録音チアン・ポン、編集ワン・チュアンアン
出演・ユー・ナン、バータル、センゲー
[PR]
by sentence2307 | 2012-02-19 12:10 | 中国映画 | Comments(0)