世界のあらゆる映画を偏執的に見まくる韜晦風断腸亭日乗


by sentence2307
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

まほろ駅前多田便利軒

この「まほろ駅前多田便利軒」を見てから、随分と時間が経ちました。

素晴らしい映画は、それだけ多くの賛辞と感動が寄せられるのは当然のことで、こういう地味でひた向きな映画が多くの人々に受け入れられ、息の長い評価を得られ続けるということは素晴らしいことですし、自分としてもなんだか晴れがましくて照れくさいような気持ちさえ抱いていました。

しかし、あるとき、その惜しみない賛辞の実際の中身というのを知ったとき、唖然とし、しばらくはちょっと立ち直れないほどの衝撃を受けました。

それ以来、賛辞に接すると(しまいには、このタイトルを聞いただけで反射的にびくついてしまうくらい自分はナーバスになってしまったと思います)、この作品のことが話題にのぼると、またきっとあのうわべだけの賛辞を聞かなければならないのかと、急にイラついて、居たたまれない憤りに駆られたりしたものでした。

そして、当のコメントのぬしに「いったいこの映画のどこが良かったのか、もっと詳しく聞かせてくれよ」と、思わず突っ掛かってしまいたくなるような衝動に駆られるようになりました。

そんな感じですので、この作品について引きも切らず寄せられる感想に対して、ことごとくスルーの姿勢を保てばいいものの、よせばいいのに、関心がないわけじゃないので、つい怖いもの見たさというのでしょうか、恐る恐るその「感想」を懲りずにまた見てしまうという体たらくをやらかすと、案の定その報いでもあるかのようなそれはそれはひどい感想が書かれていて、それでなくとも滅入っていた気分が、さらに落ち込むという最悪の循環軌道に身をゆだねなければならないということを繰り返してきました。

その感想というのは、たとえば、こんな感じのものでした。

「二人とも痩せているけど、かっこいいです。
最初のほんわか空気から、物語がどんどんヤバイ方向にいくのが怖くて面白かったです。
ストーリーがどうのこうのじゃなくて、とにかく、瑛太と松田龍平が、かっこいい。
この2人のような雰囲気をまとえたら、私もアルバイト申し込むんだけどなあ。」

なんですか、これは。

なにが「申し込むんだけどなあ」だよ。

こんなのばかりだったのですよ、ホントニ。

映画を年に何本も見るような映画オタクなら、その作品を実際に「見た・見てない」に関わりなく、封切りされるかなり前から、その映画が近い将来にどのように評価される作品であるかは、業界の事情や好きな俳優の動向に精通して、映画の中身なんかそっちのけで(考えてみたら自分もそうでした)内容なんてどうだって構わない、とにかく口裏を合わせてやたら褒め倒すという姿勢になってしまうのです。

しかし、それにしたって「ストーリーがどうのこうのじゃない」なんて、随分とひどいじゃないですか。

こういうのは、もはや感想ですらありません。

この程度の感想なら、わざわざ「表明」なんか、しないでください、お願いします。

とまあ、こんなことを言った後で自分の感想をちゃっかり書くのもなんだか気恥ずかしく失笑をかってしまうかもしれないのですが、あえてというか、ぶっちゃけというか、この映画の本質はちゃんと書いておかなければなりません。

だって、誰かがいつか本質論を書いておかなければ、この手の傍論がはびこって、どーしようもない戯言をずーっと読まされたら、本当にこの映画に感動した人たちは身の置き所を見いだせないまま、ネット上をいつまでも彷徨い歩かなければなりません。

アマタある戯言の方だってどっしりとした本家が存在しなければその存在意義を失うというものじゃないですか、みたいな気負いで、一気に書いてしまいますねエヘヘヘ。

まずは、自分が感じたこの映画の違和感というのから書き始めようかと思います。

この作品に登場する多田と行天は、ともに家庭を持つことに失敗したかつての同級生同士です。

彼らはそれ以来、人間関係というものに怖気づいて、「家族」を恐れ他人との関係を保って生きていくことがどうしてもできなくなってしまっています。

そんなふうに家族と離れて暮らすこの2人の男が、しかし、なんでまた、あえて錯綜した人間関係にかかわる「便利屋」(持ち込まれる仕事というのが、人間の軋轢が拗れきったようなものばかりです)なんかをやるのかということが、どうしても自分には理解できなかったのです。

彼らは、ついに自身では再生させることができなかった人間関係を捨てて逃避してきた人間です。

人間関係の破綻を痛切に経験してきた多田と行天が、できれば人間に接しないで済むような職業を選択したいと考えるだろうなと推理するのは、ごく真っ当な考え方です。

彼らは既にさんざん人間関係のドロドロに苦しみ懲りたはずなのですから、できれば1人きりで出来る仕事につきたいと考えるのが当然です。

それに世間には、1人きりでできるそういう職業なら幾らでもあるような気がしますしね、たとえば燈台守とか小説家とか?(どちらもすぐには、ちょっとなれそうもないか)。

しかし、なにもわざわざ、よりにもよって、こじれきった人間関係の泥沼に身を浸すような便利屋になることもないという違和感から、この映画に対する自分のアプローチが始まったのだと思います。

でも考えはじめてすぐに、いや待てよと。
この映画を考えるとき、多田と行天をひと括りで考えようとするところにこの映画を理解させにくくしているそもそもの原因があったのではないか、2人の痛切な生い立ちの悲惨さがそれぞれに特異なのに、そこのところを明確にしないで、ひと括りにして強引に理解してしまおうとしたことが、この作品をいたずらに分かりにくくさせている、そもそもそこに無理があったのではないかと気がつきました。

だいたいにおいて僕が見た多くの感想が、そういう混乱に陥っていたように思えました。

例えば、それらの「感想」を図式的に整理すると、多田の「子供を不慮の事故で亡くしたことで夫婦関係に亀裂が生じ、結婚生活が破綻した失意にある男」と、行天の「親から虐待されたトラウマを持つ男」を、ひとつの類型として「悲惨」であっさりとひと括りして、そのような彼らが、もう懲りたはずの人間関係の只中に身を置くような便利屋稼業をしていくことで、さらに錯綜した惨憺たる状況にあえて突入していったのは、彼らが「心優しき男達」だったからだと理由づけして、この映画の重要な部分から目をそらして、あくまでも「軽さ」しか見ようとしなかった結果、本質的な理解を逸したのではないかと感じました。

多田が「子供を不慮の事故で亡くし、そのために夫婦関係が冷え込み、徐々に亀裂が生じ、ついに結婚生活に破綻をきたした失意の男」であることは、現象的には多分そのとおりだったでしょう。

しかし、彼らの結婚生活関係を決定的に破綻させた原因は、もう少し先の時点、彼らの子供が誕生する少し前に、友人から、彼の妻が浮気しているとひそかに忠告を受けたことにあるのです。

しかし多田は、そのことを妻に問い糺そうとしなかったし、そのような中で出産された子供の誕生にも本心から喜んでいます、あるいは、「本心から喜ぶ」ことを決心したと言い換えてもいいかもしれません。

それが、多田の人間関係と結婚生活というものに対する考え方だったし覚悟だったのだと思います。

しかし、妻は彼に言います「この子のDNA鑑定をしてくれ」と。

妻のそのひとことによって、多田が信じようとしたもの、彼らの生活を支えていたもののすべてが、そのとき崩れ去ったのだと思います。

DNA鑑定が証明できるものが、あるいはそこに確かにあったにせよ、しかし、それは、それ以前に彼が信じ許そうとした重要なものをすべて否定したうえで為されるものであることを妻は気がついていません。

多田が経験したのは、単に人間関係の破綻だったのではなく、誰かと「人間関係」を支えるためには、他人と共有しなければならない重要な部分の半分を、自分からはどうにもできない他人に委ねられなければならないというその届かなさ・無力さ・過酷な不確かさに対する徒労感に見舞われ失望し、同時に「生きる」ことに疲れ、その意味も見失って、彼は、生活という「その場」から逃げたのですが、皮肉なことに、現実の場にあっては、生活の場に留まる者は「勝者」であり、生活から逃避する者たちは、いつでも「敗北者」でいなければならない、この映画のホロ悲しさと優しさは、その敗者を見つめる視点にあるのかもしれませんね。

(2011アスミック・エース配給) 監督脚本・大森立嗣、原作・三浦しをん、撮影・大塚亮、照明・木村明生、録音・加藤大和、美術・原田満生、セットデザイナー・杉本亮、編集・普嶋信一、音楽・岸田繁(くるり)、記録・杉田真一、衣裳・纐纈春樹、ヘアメイク・豊川京子、装飾・田口貴久、助監督・野尻克己、製作担当・有賀高俊、製作プロダクション・リトルモア、フィルムメイカーズ・企画・菊地美世志、岩浪泰幸、孫家邦、プロデューサー・土井智生、吉村知己、企画協力・ボイルドエッグズ、文藝春秋、特別協力・ 町田市、助成・文化芸術復興費補助金、宣伝協力・ヨアケ、配給・アスミック・エース、製作会社・「まほろ駅前多田便利軒」製作委員会(フィルムメイカーズ、アスミック・エース エンタテイメント、ハピネット、日活、TSUTAYA グループ、Yahoo! JAPAN、ヨアケ、リトルモア)、主題歌:くるり「キャメル」
出演・瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、柄本佑、横山幸汰、梅沢昌代、大森南朋、松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳、田中遥奈、中村優子、吉本菜穂子、三浦誠己、鈴木晋介、中沢青六、宍戸美和公、吉井有子、瀬戸寛、大嶋捷稔、吉岡澪皇、田村愛、宇野祥平、金子清文、日向寺雅人、全原徳和、渡邉達也、戌井昭人、奥田いろは、加部亜門カラー/ビスタサイズ/123分
[PR]
Commented by FakeOakleySungl at 2013-06-23 12:01 x
This article concerning Search engine optimisation is in fact nice one, and the back links are actually very useful to market your web site, its also known as SEO. <a href="http://www.sbiglobal.in/gtpf/fakeoakleys.htm" title="Fake Oakley Sunglasses">Fake Oakley Sunglasses</a>
by sentence2307 | 2012-07-07 10:29 | 大森立嗣 | Comments(1)