人気ブログランキング |

世界のあらゆる映画を偏執的に見まくる韜晦風断腸亭日乗


by sentence2307
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ:吉村公三郎( 2 )

森の石松

多分、会社の意向でプログラム・ピクチャーをこなさなければならない監督に多い事例なのかもしれませんが、その人の生涯に撮られた作品群を見ていて、どう考えてもその人のタイプじゃない異色の作品というのに遭遇することが、ときたまあります。

僕にとって、吉村公三郎が松竹京都で撮った「森の石松」49が、ちょうどそういう作品でした。

「安城家の舞踏会」や「偽れる盛装」や「源氏物語」を撮った吉村公三郎が、ほぼ同時期に、どういうモチベーションで「森の石松」なんかを撮ることができたのか、どう考えても結びつかないのです。

それはきっと、「森の石松」という通俗的な物語が、女の情念にこだわるような作品の多い吉村公三郎には、到底相応しくないと考えていたからだと思います。

だからなおさら、その作品が、僕たちのそうした固定観念を一気に突き崩すようなひと癖もふた癖もある斬新な作品に違いなく、いつかは是非見てみたいという気持ちだけが募って僕の中で育ち続けていたのかもしれません。

そんなとき、たまたまWOWOWのプログラムを見ていたら「森の石松」というタイトルを見つけたので、なにはともあれ早速録画しておきました。

撮りためた録画を、ゆっくり見ることができるのは土日だけなので、待ちに待った土曜日の夜にようやく「森の石松」を見ることができました。

しかし、なんとそれはまったく別な作品でした。

またまた大チョンボです。

録画されていた作品は1957年製作の大映作品・勝新太郎主演の「森の石松」でした。

僕たちが講談や浪曲でよく知っている極めてオーソドックスな、そのまんまの「森の石松」です。

清水の次郎長役は黒川弥太郎、そして都鳥の吉兵衛役は小堀明男が演じています。

マキノ雅広監督が東宝で撮った「次郎長三国志」シリーズで次郎長を演じたのが小堀明男だったこととか、山中貞雄が京都太秦で撮った日活での最後の作品「森の石松」37で次郎長を演じたのが黒川弥太郎だったとか、などを思い出しながら、この作品を見ました。

わが国の三国志は、天下国家の乱れを憂いた豪傑たちの一大戦記ではありません。

わずかな縄張りと利権を奪い合い、闇討ちと奇襲を延々と繰り返すだけの、なんとも救いのない話ではあります。

しかし、大衆の絶大なる支持によって延々とヒットし続けた「次郎長三国志シリーズ」の揺るぎ無い事実を前にしては、僕の愚痴も無力化されてしまうのは当然なことかもしれません。

そして、大衆が「森の石松」の何を支持しようとしているのか、が僕の長年の疑問でした。

たとえば、安倍晋三前首相が、超めぐまれた環境のなかに生を受け、ひたすらエリート・コースを歩んだ生い立ちを経て、民衆感覚から遥かに隔たったブヨブヨの感性を培ったその最後で、まるでそれらの報いを受けるかのような、ほんのかすかな挫折と完全な失墜に終わった皮肉な物語を、はたして大衆は「森の石松物語」のように支持するかどうか。

「森の石松」という物語の魅力は、きっとその下降性と陰惨な自滅とにあり、まだ想像するしかありませんが、吉村公三郎作品の「森の石松」もそのあたりを描いているのではないかというのが期待というか、いまだ果たされていない僕の吉村作品への夢のような想像です。

(57大映京都撮影所)製作・酒井箴、企画・山崎昭郎、監督・田坂勝彦、助監督・佐藤渉、脚本・村松正温、撮影・武田千吉郎、音楽・渡辺浦人、美術・神田孝一郎、録音・奥村雅弘、照明・古谷賢次、スチール・杉山卯三郎、製作主任・黒田豊、
出演・勝新太郎、小野道子、阿井美千子、黒川弥太郎、千葉登四男、春風すみれ、小堀明男、浜世津子、ダイマル、ラケット、潮万太郎、荒木忍、寺島雄作、原聖四郎、伊達三郎、五代千太郎、東良之助、葛木香一、光岡龍三郎、南条新太郎、堀北幸夫、玉置一恵、浜田雄史、藤川準、 郷登志彦、大国八郎、武田龍、沖時男、小柳圭子、金岡磨理子、
1957.09.03 10巻 2,384m 白黒
by sentence2307 | 2007-11-04 19:14 | 吉村公三郎 | Comments(2)

夜の河

「男の偽善性」を遺憾なく暴き立てたといわれるこの女性映画の名作「夜の河」は、男の立場から見ると、実に耐え難いものが描きこまれています。

この作品を要約すると、つまり、男のたった一言の失言が、まるで揚げ足取りのように詰られ非難されて、それを理由に彼女の側から一方的に別れを告げられ、男の方は、理由がよく分からないまま、言い出された別れをしぶしぶ呑むしかなかった、という独善的な(男の側から見て、ですが)物語です。

だからといって、この作品を女性の繊細な感情をきめ細かく描いた作品だなどと杓子定規に思わないほうがいいかもしれません。

よく考えてみると、この作品は、むしろ極めて男性的な映画のような気がしてきました。

京都の染物師・舟木きわと阪大教授・竹村は、きわが染めたネクタイを竹村が締めていた偶然から親交を深め、惹かれあい、やがて、お互いが仕事上で窮地に立たされた失意の夜に、その空虚を埋め合うようにして肉体関係が結ばれます。

きわは、そのとき「もし、子供ができても、自分ひとりの子供として育てるわ」と言い切っています(実際問題として、ナニをイタシタあとに、女性から突然そんなふうに言われたら、男としては、まずは驚き、うろたえ、なにか含みとか企みでもあるのか、あるいは、これは遠回しの脅迫ではないかとビクツイテしまうといのが本当のところだと思いますが。)。

しかし、この言葉を額面どおり素直に受け取れば、彼女は、いままで男に頼らず、染物師として自分一人の力で生きてきたように、対等な愛情関係を竹村教授と結ぼうと考えたにすぎず、つまりあの言葉は、男に負担を掛けたり、凭れ掛かったりはしないという誇り高い意思表明というか「宣言」みたいなものだったのだと思います。

ですので、竹村の妻の病気がかなり深刻な段階にあり、竹村教授が、舟木きわ嬢にそのことを知られてしまったことを好機として、思わず「もうすぐ(死ぬからカタがつく)」という意味の失言を発したとき、「対等な関係」を望んでいた彼女の気持ちが突き崩され(男は、「もうすぐ一緒になれるよ」というだけの意味で言ったと思うのですが)、竹村にはなにひとつ自分の気持ちが分かってなく、自分はただ単に男に付き従っていくだけの受身の女としか見られておらず、結局自分も彼とともに彼の妻が死ぬことを期待している下卑た女のひとりにすぎなくされてしまったことに、たまらない屈辱感を覚えたのだと思います。

それなら、屈辱で打ちのめされた彼女は、本当は何を望んでいたのか。

形に拘らない自立した男の女の愛、でしょうか。

しかし、彼女の「恋愛」という男女関係の認識に、そもそも最初から重大な錯覚があったといわざるを得ません。

つまり、相手の人格を踏みにじっても立派に成立してしまう「恋愛」という奇怪な人間関係こそが、そもそも最初から不平等なものにすぎない以上、そこに平等も求めること自体子供じみた誤りだというしかないのです。

自分を徹底的に貶めて、相手の関心をかおうとしたり、逆に、相手の卑屈さを見て取って、弱みを突いて居丈高の攻勢に出る事だって大いに在り得ます。

竹村教授のひと言(もうすぐだ)に傷ついた舟木きわ嬢の潔癖さは、たとえそのとき、その言葉に傷つかなかったとしても、遅かれ早かれ別の言葉に傷ついたに違いないし、そうでなければ、さらにまた別の言葉に傷ついたと思います。

いずれにしても潔癖な(自分のことをそう信じたく、ポーズだけは決めていたい)彼女には、狡猾で下卑た男を愛することなど出来ないのだと思います。

それは、きっと、男と女の恋愛関係というものが、彼女が思い描いている潔癖とかプライドという感情からは遥かに遠い狡猾で下卑たものにすぎないからだし、そして、彼女こそが、自身の狡猾で下卑たオノレを自覚しない限り、「恋愛」などというケチなものなどまったく必要なく生きていけるという歪んだ認識に至ることが急務だったのかもしれません。

(56大映東京撮影所)監督: 吉村公三郎、製作・永田雅一、脚本: 田中澄江、撮影・宮川一夫、原作: 澤野久雄、音楽: 池野成、企画・原田光夫、高椋通夫、美術・内藤昭、録音・海原幸夫幸夫、照明・岡本健一、スクリプター・牧浦地志、
出演・山本富士子、小野道子、阿井美千子、市川和子、川崎敬三、上原謙、夏目俊二、舟木洋一、星ひかる、山茶花究、大美輝子、若杉曜子、万代峰子、東野英治郎、小沢栄、橘公子、朝雲照代、真風圭子、南部彰三、天野一郎、西川ヒノデ、石原須磨男、伊達三郎、高倉一郎、志摩靖彦、小松みどり、金剛麗子、玉置一恵、藤川準、三浦志郎、越川一、小柳圭子、仲上小夜子、高原朝子、前田和子、種井信子、
スタンダード/モノラル 1956.09.12 12巻 2,854m 104分 カラー
by sentence2307 | 2007-06-19 22:27 | 吉村公三郎 | Comments(5)