世界のあらゆる映画を偏執的に見まくる韜晦風断腸亭日乗


by sentence2307
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:山村聰( 1 )

黒い潮

政治的な宣伝臭が鼻について、ついつい敬遠しがちなプロレタリア文学と、それを原作とした山村聡の「蟹工船」は、僕にとっては、普通ならきっと見過ごしても気に掛けないでいられる映画だったと思います。

ですが、世界中で作られた映画をことごとく自分の目で見尽くそうなどという無謀な宣言をし、つい引っ込みのつかない大見得を切ってしまった手前もあり、そしてたまたま見る機会もあったりということで、ずっと以前、その「蟹工船」を見たのですが、予想に反してこれが意外にも衝撃的な印象を受けた作品でした。

いえいえ、思想性がどうのとかいう話ではありません。

そのあとで原作も読んでみましたが、忠実な映画化であることを確認したくらいで、特に際立った「演出の冴え」とか「着想の奇抜さ」とかを感じたわけではありませんでした。

むしろその逆、演出者としての山村聡という人の資質、一貫して権力に挑みかかる怒りの姿勢を保ちながら、ストーリーに対する集中力を途切らせることなく、主題に喰らいついていくその執拗さ、のめり込み方の尋常でない一種異様な印象を受けたからでした。

それは、優れた映画に出会って常に感じるあの感覚と奇しくも同じ、僕の全存在がその作品が描く「とんでもない場所」へ強引に連れ去られてしまう拉致感というか、丸ごと飲み込まれてしまうような感覚です。

卓越した映像作家たちの目が捉えている異次元の奇怪な風景を、観客にも追体験させずには置かないあの強引さ、強烈な個性に押さえ付けられ為すがままにされてしまういわば「被強姦感覚」(あまりいい言葉とは言えませんが)のような感じというべきでしょうか。

とにかく、この作品「蟹工船」が自分の映画体験の記憶のなかに刷り込まれてしまい、監督・山村聡は僕の中では、ある「保留状態」のまま特異な場所に位置してしまいました。

今後、彼の監督したすべての作品を見通すことで、僕にとっての「監督・山村聡」がどういう形で記憶のなかに定着するだろうか、などと考えたりしていました。

記録で確認できる山村聡の監督作品は、蟹工船1953、黒い潮1954、沙羅の花の峠1955、母子草1959、鹿島灘の女1959、風流深川唄1960の6本です。

解説書によれば、後年の作品はどれもが人情の機微を繊細なタッチで描き上げた作品だそうで、権力に挑みかかる姿勢に拘った作品といえば、初監督作品「蟹工船」と、下山事件を扱った「黒い潮」だけだと知って以来、「黒い潮」をずっと見たいと思い続けてきた作品です。

「黒い潮」という作品の存在すら知らなかった僕にとって、下山事件を扱った作品でまず思い浮かぶのは、熊井啓の「謀殺・下山事件」1981でした。

この作品は、松本清張の「日本の黒い霧」だったか「昭和史発掘」だったかのなかの一編として僕も読んだ記憶があり、だから熊井啓作品に描かれている下山事件解釈・他殺説(脚本はともに菊島隆三です)は、僕にとってはきわめて受け入れやすい素直な解釈であり、こちらの方がむしろ僕たちにとっては、遙かにメジャーな解釈であって違和感は全然ありませんでした。

むしろ、自殺説に拘る姿勢を貫く「黒い潮」の方に、「こんなふうな見方もあったのか」という印象で却って新鮮さを感じたくらいでした。

大衆の暴走するユクエを敏感に先取りして、大衆の好奇に応えるべく風評や憶測で記事をでっち上げることで購買欲を煽り立てて「商売」を成り立たせていく新聞、その「公正と中立」という大義名分の影で行われるもうひとつの権力の迷走を、この作品は問いかけているのだと思いました。

熊井啓の「謀殺・下山事件」が、もっともらしい反権力の立場をとって、権力に挑み、果敢にも「真実」を追及し、巨大な権力の壁の前で口を封じられるという公式的なポーズだけの公明正大さ・恥ずかしいほど堂々と権力嫌いの大衆へ媚びていくいかがわしい姿勢が特徴だとすると、「黒い潮」は、大衆への迎合を拒み、自分が信じる「公正と中立」の信念によって、事実だけをもとにした「自殺説」を消極的に貫き通そうとしたことが、そのまま事実を隠蔽しようとした権力の意志と結果的に皮肉な符合を来たし、自殺説をも躊躇しつつ「真実はひとつだ」と言い続けながら権力の濁流に飲み込まれ、「勝ったけれども負けた」微妙な立場に追い込まれて詰め腹を切らされた新聞記者を描いています。

これは、当時にあっては十分に理解されることのないままに終わった、熊井啓作品よりもうひとつ先を描こうとした大人の映画だったのだろうなと感じました。

(54日活)(監督)山村聰(製作)高木雅行 (原作)井上靖(脚本)菊島隆三(撮影)横山実(美術)木村威夫(音楽)塚原晢夫(録音) 神谷正昭(照明)藤林甲(編集) 近藤光雄 (製作主任) 林本博佳 (助監督)鈴木清太郎、今村昌平、浦山桐郎、鍛冶昇
(出演) 山村聰、左幸子、滝澤修、夏川静江、下元勉、津島惠子、東野英治郎、河野秋武、信欣三、安部徹、沢村貞子、進藤英太郎、石山健二郎、千田是也、田島義文、清水元、伊沢一郎、石黒達也、柳谷寛、青山杉作、中村伸郎、小笠原章二郎、芦田伸介、下條正巳、武田正憲、山田晴生、浜村純、高島敏郎、外野村晋、山田禅二、河上信夫、雪岡純、三島謙、久松晃、神山勝、小柴隆、花村信輝、宮原徳平、三浜元、弘松巌、勝田完、紀原耕、深江和久、高野真、内藤武敏、四方正夫、中原敬七、小川虎之助、御橋公
1954.08.31 11巻 3,098m 白黒

* * *

翌1954年製作を再開した日活と監督契約を結び、同年「黒い潮」を監督する。

井上靖の原作、菊島隆三の脚本で、昭和24年7月に起こった国鉄総裁・下山定則の怪死をめぐって自殺説・他殺説が乱れる中で真実追求に向かいながら背後の巨大な権力に敗北する新聞記者の一連の行動を記者の人間性とこれを取り巻く社会状況を綿密に取り入れて、ひとつの政治映画として高く評価された作品であり監督・山村聡の名を一躍クローズアップさせた作品でもある。

出演は山村のほか、滝沢修、東野英治郎、左幸子、津島恵子といった顔ぶれで、助監督には鈴木清順、今村昌平、浦山桐郎、鍛冶昇がついた。

撮影は、54年春から夏にかけてじっくり行われた。

・・・新築の日活ステージに毎日新聞社をモデルとして編集局をステージいっぱいに組み込んだが、デスクの数は百以上、夜間ロケには驚くほどの大量の照明を使用した大掛かりなものであった。

スタッフも新会社に馳せ参じた若手の技術者ばかりで全員やる気十分、一ショットもゆるがせにしない熱気の篭もった撮影であった。

当時の新聞社にはすでに蛍光灯が取り付けてあったが、セットでは事件当時を再現するため旧型の電灯を使用、その白い笠をすべてブルーに吹き付けて画面のトーンを整えるなど細部に気を遣い、また冷房装置のない時代なので、本物の氷柱をデスクの脇に置いたが、これがライトの熱ですぐ溶け、何百貫という氷を使用した。

こうした綿密なセット撮影によって、映画は山村自身も、おそらく会心の出来と思われ、興行的にも再開日活の初のヒットとなった。

演出中の山村のスタンドインは若き日の浜村純が勤めた。

山村は、これでブルーリボン新人賞、毎日映画コンクール男優主演賞を獲得した。

キネマ旬報刊・日本映画監督全集「山村聡」の項(木村威夫筆)より抜粋
[PR]
by sentence2307 | 2007-08-06 00:03 | 山村聰 | Comments(0)