人気ブログランキング |

世界のあらゆる映画を偏執的に見まくる韜晦風断腸亭日乗


by sentence2307
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:谷口千吉( 2 )

暁の脱走

その作品があまりにも有名すぎて、タイトルはもちろん、見る前から、だいたいの内容まで知悉してしまっている映画を見るのは、その先入観が、かえって障碍になる場合もあると、この谷口千吉監督作品「暁の脱走」を見て思いました。

その先入観というのは、例えば「信じていた軍隊から裏切られ、その欺瞞性にとことん絶望して、ついには軍隊を見捨てた純情な兵士の物語」とか、あるいは「愚劣な軍隊に留まるよりも愛のための脱走を選択し、やがて日本の軍隊から銃殺された恋人たち」という、既にいろいろなメディアから自分の中に刷り込まれているそれらの固定観念を抱えながらこの作品を見始めた結果、どこまでが借り物で、どこまでが純正な自分の印象なのか、考えながらの鑑賞というのは、やはり煩わしく、僅かながら苦痛でした。

そんななかで抱いたシンプルな疑問が、ふたつ残りました。

①三上上等兵は、晴美を心の底から愛していただろうか、

②三上上等兵は、日本の軍隊に絶望したから脱走したのか、です。

そして、この①と②の関係は、もちろんそれぞれが重要な影響を及ぼし合っています。

しかも、僕のこの疑問の立て方自体が、三上の側からしかこの作品にアプローチできないと最初から考えてしまったあたりに、僕の中では既にある程度の考えが固まっていることを示唆しているのかもしれません。

最初、慰問団の歌手・晴美は、三上上等兵にひと目惚れして、一方的にアタックします。

ただ「三上が好きだ」という自分の気持ちだけをぶつける晴美の行為には、軍隊という閉ざされた社会の制約に縛られている「三上の都合」など考慮するわけもありません。

その典型的な場面は、副官に随行して酒房にやって来た三上を晴美が誘惑し、初めて性交したあとの夜の場面にうかがわれます。

初めての情交に昂揚した晴美は、三上との別れを惜しんで、未練がましく共に戸外に出ようとしたところを巡回の兵に誰何され拘束されてしまいます。

このようなことをすれば相手がとても困ることになる、深刻な窮地に追い込まれるかもしれないなどとは少しも考えず、ただひたすら自分の感情だけを押し通す晴美は、身勝手な自分の行為がどんどん事態を悪化させ深刻にしていくことなど当然のことながら配慮などしていません。

この晴美の「愛がすべて」という思想が、三上をひたすら破滅にまで導いていきます。

この映画は、「真空地帯」や「モロッコ」のように見えて、しかし、実は「嘆きの天使」なのだと思い当たりました。

あのままなら、実直な三上上等兵は、それまで忠誠を尽くしてきた軍隊に、その後も同じようにして疑問など持つこともなく忠誠を尽くして過ごせたはずです。

軍隊への失望とはいっても、それはきわめて個人的な(成田中尉に対する)恨みから発せられたものにすぎず、「真空地帯」のような軍隊の組織そのもの・それに繋がる日本そのものに対する絶望が描かれているわけではなく、したたかな女の誘惑に惑わされ、引き摺られ、仕方なく中国の大地に逃げ場を求めたがために銃撃されたにすぎないように思えてなりません。

捕虜となった兵は、再び帰ってきた場合は銃殺も有り得るというのは、レッキとした「軍規」ですから、副官に保身のための邪心があったからといって、「自分をかばってくれない」ことを恨むのは、なんだか筋違いのような気がします。

本編を忠実に辿ったうえでのこのラストシーンから、僕は、それほどの感動を受けることはできませんでした。

素朴な三上上等兵が、日本の軍隊に対して極めて実直に尽くしたように、身勝手な誘惑女に対しても実直に尽くしたにすぎず、どちらの側にも散々に振り回された挙句に、銃殺されてしまった哀れな青年(奇麗事を疑いもせずに頭から信じ込んでいた本人にも相当な責任があるように思えます)にしか見えませんでした。

それはちょうど、傷の手当てをしてくれた中国兵の将校に「欧米では捕虜は、捕虜になるまで闘ったということで尊敬されている。捕虜になっただけで自決を迫られる日本の軍隊と比べてどちらが人道的か」と語らしめ、暗に中国の度量の広さを無条件に信じ込んだこのシナリオが抱え込んでいるコンプレックスに通じていて、それは明らかにシナリオの弱さだというしかありません。

そして、それは同時に、時に似つかわしくない奇妙な「ヒューマニズム」を描き込み、作品を方向違いの弱々しさに導いた巨匠・黒澤明の弱点だったかもしれません。

黒澤明の資質とは明らかに異なるこの軟弱さは、「黒澤教」信者でない一般市民からは、あからさまに「裸の王様」と忌避された理由だったのかもしれません。

(1950新東宝=東宝)製作・田中友幸、監督脚本・谷口千吉、脚本・黒澤明、原作・田村泰次郎、撮影・三村明、音楽・早坂文雄、美術・松山崇、録音・神谷正和、照明・大沼正喜
出演・池部良、山口淑子、小沢栄、伊豆肇、田中春男、若山セツコ、利根はるゑ
1950.01.08 10巻 3,180m 116分 白黒
by sentence2307 | 2008-08-03 21:11 | 谷口千吉 | Comments(0)

吹けよ春風

検索していたら、最近の韓国映画にも同じ題名の作品があるんですねえ、配給会社がネーミングにツマって、まさか過去の邦画作品の題名を流用する「安易な掘り起こし」なんてことでお茶を濁したんじゃないでしょうね。

そういうことは、やめて欲しいと思います。

検索ヒットしたその韓国作品に関するおびただしい項目の中から、この邦画の題名を探し出すのは、ホント一苦労だったのですから。

とはいえ、念のため原題の「불어라 봄바람」を翻訳サイトに掛けて訳してみたら、なんと「吹きなさい、春風」と訳されました、なんだなんだ、「吹けよ春風」というタイトルそのままで、結構正しいじゃないですか。

因縁をつけたのは僕の方で、これではまったく立場がありません、トホホ、揚げ足とられたような感じです。

負け惜しみにひとつ、タケシなら「吹けよバカヤロー春風」くらいのネーミングにはするだろうなんてね(関係ないですけれども)ちょっと苛々していたら、続いてケッタイな考えが湧いてきました。

同じタクシー運転手を主人公に据えたあのスコセッシ作品と比較してみたらどうだという発想です。

瞬間うーんこれは面白い、とは思いましたが、しかし、だいたいのところ、この2作品になんか共通するものでもあるのか、「あっち」のタクシー・ドライバーは、半端じゃないですよ。

なにしろ、職業柄、社会の穢れた裏側を見すぎてしまったために、「世直し」の使命感(それ自体、すでにキレてしまった妄想なのですが)に燃えて、大統領暗殺を企てたり、果ては完全武装でマフィアに殴り込みを掛けたりという、どこまで本当か分からないような超弩級の「怒りの映画」なのに対して、この東宝作品の方は、ノホホンとした「人間バンザイ映画」なのですから、どう考えてみても共通点なんてありそうにも思えません・・・と普通なら思うでしょう? 

ところがそうでもないのです。

この谷口千吉監督の「吹けよ春風」には、黒澤明が共同で脚本を書いていて、あのスコセッシといえば黒澤明作品に出演したことのあるくらいの信奉者だったのですから、そこで、あれです、ナンカ、こう、繋がる、というか、関係があるというか・・・まあ、とにかく、なんていうか、つまりその、いってしまえば単にこの程度のことなのですが、でも、どうにか繋がったみたいなので良かったです、やれやれ。

しかし、このオムニバス形式という作り方は、世の中の諸相を捉えるのに適した方法論ですよね。

しかも、人が入れ変わり立ち代り出入りすることに何の不自然さも感じさせないタクシーという場所が舞台です。

同じオムニバス映画「舞踏会の手帖」が、ひとつの場所からそれぞれに散っていった人生のその後を厳しい視点で追跡した運動体としての時間観察だとしたら、この「吹けよ春風」は「タクシー」という点を通過する人々を定点観察したようなものかもしれませんね。

さて、この作品「吹けよ春風」は、8つのエピソードで構成されています。

①喧嘩する恋人が仲直りする話(若き岡田茉莉子が物凄く清楚です)、
②まだ自動車に乗ったことのない貧しい家の子供たちを乗せ、東京見物をしてあげる話、
③家出娘を心配しながら夜の街で見失ってしまう話(ラストでは母親と連れ立っている元気な彼女・青山京子と再会し、安心します。まかり間違えれば「ヘッドライト」みたいなストーリーになりますよね。東京山の手とおぼしき住宅街の深い闇の描写が素敵でした)、
④日劇前でファンに揉みくちゃにされているスター(越路吹雪が演じています)を救って外苑前で楽しいひと時を持つという話。
⑤早慶戦帰りの酔っ払い(小林桂樹・藤原釜足)が「窓抜けの天井渡り」の曲芸を夜のタクシーで延々と続けるという話、
⑥銀婚式を迎えた老夫婦が生きる希望を見出す話、
⑦タクシー強盗(三國連太郎)に遭遇した恐怖を描いたストーリーで、まるでヒッチコック作品のような迫力でした。
⑧子供たちには刑務所にいたことを隠して復員兵として帰ってきた夫(山村聡)を迎える一家の話、まさに「幸福の黄色いハンカチ」とか、家族描写にネオリアリズモ作品のような空気を感じました、例えば「屋根」とかでしょうか。

それにしても物凄い豪華キャストにビックリする映画ですが、特に②と⑥とに黒澤明の雰囲気を強く感じました素晴らしい作品でした。

(1953東宝)製作・田中友幸、監督脚本・谷口千吉、脚本・黒澤明、撮影・飯村正、美術・小川一男、音楽・芥川也寸志、助監督・堀川弘通、録音・三上長七郎、照明・森茂、編集・笠間秀敏
(出演)三船敏郎、山根壽子、越路吹雪、岡田茉莉子、三好栄子、島秋子、青山京子、山村聰、三国連太郎、小林桂樹、藤原釜足、小泉博、小川虎之助、三好栄子、島秋子、
1953.01.15 9巻 2,264m 白黒
by sentence2307 | 2008-06-14 15:46 | 谷口千吉 | Comments(2)