人気ブログランキング |

世界のあらゆる映画を偏執的に見まくる韜晦風断腸亭日乗


by sentence2307
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:マーティン・スコセッシ( 2 )

ヒューゴの不思議な発明

この映画を見たあと、ネットでこの映画の当時の惹句を探し回りました。

だいたいこんな感じだったでしょうか。

「1930年代のパリを舞台に、駅に住む孤独な少年ヒューゴが、過去の夢を捨てた映画の父ジョルジュ・メリエスと出会い、彼の頑なな心を開いてゆく、マーチン・スコセッシ監督が、黎明期の映画にオマージュをささげた愛と冒険のファンタジー。第84回アカデミー賞5部門を受賞。」

う~ん、なるほどなるほど、やっぱりそうですよね。

この作品で、スコセッシが、丹念に描いているのは、「孤独な少年ヒューゴ」の方で、時代に懲り残され、駅ナカの小さな玩具店で店番をしていたという映画の父メリエスの晩年の落胆ぶりの方ではなくて(相対的に、です)、単にヒューゴの物語を盛り上げるという「付け足し」みたいな感じになっている、というか、映画史を大学で教えていたというスコセッシのことですから、最晩年のメリエスの落胆の日々と「発見」のイキサツは十分に認識しての映画づくりだったのだと思います。

映画の黎明期を切り開いたメリエスの失意の物語を、十分に抑制をきかせながら、むしろ、「孤独な少年ヒューゴの物語」として描いたあたり、さすが、映画の通人スコセッシの真骨頂ですよね。

直接に「桶屋が儲かった」などと最初から声を張り上げて無粋な語り出しなどせず、「そもそも強い風が吹いてね」とやるあたり、実にみごとです。

実は自分も、晩年のメリエスが、駅ナカの小さな玩具店で店番をしていたという事実を知ったときは、あまりにも意外だったので物凄くショックを受けたことを覚えています。

きっと名声に包まれ、何不自由ない恵まれた晩年を送ったに違いないと思い込んでいたぼくたちの知っていたメリエスの晩年というのは、実は、小売店で店番をしていたところを「発見」され、「救済」されたのちに「庇護」された、そういう状態での晩年だったわけですよね。

その辺の事情(成功と挫折)は、先日WOWOWでこの作品と同時放映されていたセルジュ・ブロンベルグ、エリック・ランジュの「メリエスの素晴らしき映画魔術」(2011)で確認することができました。

実は、自分も、その辺の事情を始めて知ったのは、映画関係の本からではありませんでした、前川道介という人の書いた「アブラカダブラ 奇術の世界史」(白水社)という本によってでした。

この本は、そのタイトルどおり、世界のそれこそ、ギリシャ・ローマ時代から現在までの奇術師たちの逸話を集めた奇想天外なとても面白い本なのですが、このなかにメリエスの最盛と悲惨な晩年とが紹介されていました。

むろん、おもに「奇術師」のエピソードに焦点をあてた本なので、メリエスが映画と出会い、映画にかかわった全盛期を経て破産するまでの事情は、実にあっさりと記されているだけなのですが、むしろその「淡白さ」が、かえって自分にはショッキングだったのかもしれません。

ちょっと引用してみますね。

「彼は既に移動撮影を行い、ガラスの水槽を通して海底の様子を写したりしているが、クロースアップの技術はなぜか使わず、たとえば鍵の大写しが必要なときは巨大な鍵を作らせていたし、別々に撮影したシーンを編集せずに、あらかじめ作っておいた舞台で演じられる物語をそのまま撮影する方法をとった。
そのため競争者が雨後の筍のように現れると、とうてい製作が間に合わず、次第に左前になって、1914年には由緒あるロベール=ウーダン劇場を手放した。
そのうえ第一次世界大戦では全財産を失い、モンパルナスの駅でひっそりと小さな玩具屋を営んでいた。
だが1929年、映画記者がこの落魄した先駆者をたずね当てたおかげで、養老院に収容され、1932年、さびしくこの世を去った。
劇映画は、当時すでに大衆娯楽の王座につき、奇術ショーはさびれていく一方だった。
だが、その映画の創始者が、奇術の熱愛者だったのは、なんとも皮肉な話である。」

最後の「なんとも皮肉な話である」を受けているのは、リュミエールからシネマトグラフの特許を買おうとしたときに、映画の無限の可能性に気がついていなかったリュミエールから言われた言葉をもまた受けています。

「お若いの、わしにお礼を言ってもらわんといかんよ。この発明は売り物じゃない。こんなものに手を出したら身の破滅だ。しばらくは、科学的な娯楽としてちやほやされるかもしれんが、じきに飽きられる、ただそれだけのことさ。商業的な将来性なんか、まったくないからね」

それにしても、1861年生まれのメリエスがモンパルナスの駅の小売店でひっそりと生きていたのを「発見」されたのが68歳、そして、養老院に「収容」され、その3年後に「さびしく」この世を去ったというこの突き放した書き振りが、自分にはずいぶんとショックでした。

そこでつい自分の性分から、このメリエスの晩年の「落魄と失意」「発見」そして「死」に至るまでの経緯をウィキ情報をベースにしながらいろいろな書籍からの記述によって肉付けしながら自分なりにまとめてみました。

まあ、「悪趣味」といえば「悪趣味」には違いありませんが、そこはスコセッシ先生だって、同じような所に心惹かれたからこそ、この「ヒューゴの不思議な発明」を撮ったんじゃないんでしょうか。

しかしなんですねえ、この「不思議な発明」とはずいぶんと軽々しくも余計なタイトルを付けたものですね。こんな罪なシロモノ、いったい誰が考え出したんでしょうかね。えっ、原作のタイトルどおりなの? 

それにしてもねえ、作品の格が一段落ちた感じがします。

《全てを失いモントルーユを追われたメリエスは、ラファイエット通り107番地のアパルトマンに住み、公の場には姿を見せなくなった。

ジョアンヌ・ダルシ、いまは本名に返ったシャルロット・ファエスは、しばしばこのアパルトマンを訪ね、やがて1925年12月10日に結婚した。

メリエス64歳、シャルロット60歳。

シャルロットは、モンパルナス駅で子供相手の駄菓子と玩具を売る小さな店を持っていて、メリエスはここの店番をした。

白い立派な髭、ベル・エポック時代の外套は、駄菓子屋の店番にはいささか奇異だったが、メリエスは10時に出勤し、シャルロットが運んでくる昼食を二人で食べ、午後は一緒に店番をし、駅の乗降客に絵葉書や駄菓子を売っていた。

1928年、週刊誌「シネ・ジュルナル」の社長レオン・ドリュオが、世間から忘れられていたこのメリエスを見つけ出し大騒ぎになり、彼に新たな関心が集まるとともに、業績が再評価された。

1929年12月、パリのプレイエル・ホールで映画人による盛大な回顧展が開催された。メリエスはその回想録で「人生の最高の瞬間を経験した」と記した。

1931年10月、レジョン・ドヌール勲章を授けられた。プレゼンターはルイ・リュミエールが務めた。リュミエールはメリエスを「映画的スペクタクルの創造者」と評した。しかしどんなに賞賛を受けても、生活は楽にはならなかった。Eugène Lauste という映画製作者に宛てた手紙でメリエスは、「運よく、健康状態はよい。しかし毎日14時間休み無く、冬の寒さの中や夏の暑さの中で働き続けることは難しい」と記している。

1932年9月、映画界はメリエスと孫娘マドレーヌと妻ジョアンヌ・ダルシに La Maison du Retrait du Cinéma(パリ南郊オルリーに映画人共済組合によって建設された映画人老人ホーム)の部屋を提供した。メリエスはこれに感激し、あるジャーナリストに「これでパンと住処を心配しなくて済むのは、最高の満足だ」と手紙を書いた。オルリーでは若い映画監督と共同で脚本を書いたりしたが、どれも実際の作品にはならなかったが、ハンス・リスターとミュンヒハウゼン男爵の新たな脚本を書き、アンリ・ラングロワ、ジョルジュ・フランジュ、マルセル・カルネ、ジャック・プレヴェールと共に Le Fantôme du métro と題した作品を構想した。晩年にはラジオに出演したり、プレヴェールと共に広告の仕事を行た。

1935年、ラングロワとフランジュはルネ・クレールを伴ってメリエスと会い、翌年にはオルリーの老人ホーム内の使われていない建物を映画フィルムのコレクションの保管所として借りた。そして、その保管所の鍵をメリエスに預けており、メリエスは後にシネマテーク・フランセーズの一部となるコレクションの最初の管理人となった。結局1913年以降新たな映画は製作できなかったし、1923年以降は舞台に立つこともなかったが、亡くなるまで絵や脚本を書き続け、若い映画製作者らに助言し続けた。

1937年末に重い病気にかかり、ラングロワがパリのレオポルド・ヴェラン病院への入院を手配した。ラングロワが手厚く看護し、死の直前にはフランジュが見舞いに訪れた。彼らが病床を訪れると、メリエスは最後のシャンパンボトルのコルクがはじけて泡があふれている絵を見せた。そして「友よ笑え、私と笑ってくれ。私はあなた方の夢を見たのだから」と言った。

1938年1月21日、パリ市16区のレオポル=ベラン病院で癌により死去した。享年76歳。その数時間前にはもう1人の映画の先駆者エミール・コールも亡くなっている。パリのペール・ラシェーズ墓地に埋葬された。

なお、メリエスは、約4000本の映画を作ったという説もあるが、これは誤りで、タイトルの変更された同一作品が何度も数えられているためにこの膨大な数字になったのであり、実際には約450本だと言われている。そのうち長さが108メートルを超えるものが100本ぐらいで、残りは20メートル前後の作品である。

シャルロット、かつてのジョアンヌ・ダルシは、1956年まで生き、92歳の長寿をまっとうした。》

(2011パラマウント)監督マーティン・スコセッシ、脚本ジョン・ローガン、原作ブライアン・ セルズニック『ユゴーの不思議な発明』、製作グレアム・キング、ティム・ヘディントン、マーティン・スコセッシ、ジョニー・デップ、製作総指揮エマ・ティリンガー・コスコフ、デイヴィッド・クロケット、ジョージア・カカンデス、クリスティ・デムロウスキ、バーバラ・デフィーナ、音楽ハワード・ショア、撮影ロバート・リチャードソン、編集セルマ・スクーンメイカー、
出演ベン・キングズレー(ジョルジュ・メリエス)、エイサ・バターフィールド(ヒューゴ・カブレ)、クロエ・グレース・モレッツ(イザベル)、サシャ・バロン・コーエン(鉄道公安官)、レイ・ウィンストン(クロードおじさん)、エミリー・モーティマー(リゼット)、ヘレン・マックロリー(ママ・ジャンヌ)、クリストファー・リー(ムッシュ・ラビス)、マイケル・スタールバーグ(ルネ・タバール)、フランシス・デ・ラ・トゥーア(エミーユ夫人)、リチャード・グリフィス(ムッシュ・フリック)、ジュード・ロウ(ヒューゴの父)、ケヴィン•エルドン(フーツ警官)、ショーン・アイルウォード(浮浪児)、アンガス・バーネット(映画館の支配人)、マックス・ロッテスリー(機関士①)、エミル・ラジェ(ジャンゴ・ラインハルト)、エドマンド・キングズレー(撮影技師)、ダグラス・フェアバンクス(バグダッドの盗賊(映像)・ノンクレジット)、チャールズ・チャップリン(トランプ(映像)ノンクレジット)、バスター・キートン(ジョニー・グレイ(映像)・ノンクレジット)、ハロルド・ロイド(ボーイ(映像)・ノンクレジット)、マーティン・スコセッシ(カメラマン・ノンクレジット)
by sentence2307 | 2013-03-09 21:55 | マーティン・スコセッシ | Comments(1)
最近、友人から聞いて驚いたことがあります。

スコセッシが監督したこの作品の驚くべき人気の無さです。

とっさに出た僕の言葉は、もちろん、嘘!でした。

彼の知る限り、あの映画をまともに評価する人に今まで逢ったことがない、などと、なんだか、仮面うつ病の淀長さんみたいなことを言うのです。

それはもう絶賛とか酷評とかのレベルではなく、まとまったコメントそのものが「ない」という状態だそうです。

さらに加えて、ビデオ・レンタル屋のおやじまでが、ツマランと断言していた、などと余計なダメまで押しました。

「あんなオヤジに、映画の何がわかる!」と喉元まで出掛かった言葉を自制した瞬間に、思い出しました。

すっかり忘れていたのですが、以前、僕が、彼にこの作品を褒めたことがあったのです。

人が褒めると、必ず、けなすヤツっていますよね。

そうなんだ、という訳です。

しかし、それは兎も角、そのヘンな噂は、聞き捨てなりません。

この作品、まあ、ヴィスコンティの「山猫」という訳にはいきませんが、決していい加減な作品ではありません。

細部にまでちゃんとした時代考証の目配りの効いた豪華で緻密なしっかりとした作品です。

出演は、もはや名優と言ってもいいダニエル・デイ・ルイス、そして、ぞくぞくっとするほど妖艶なミシェル・ファイファーと、今まさに美しさの絶頂にあるウィノナ・ライダーという物凄い顔合わせです。

彼らの熱演に酔わされっぱなしだった僕にとって、この作品の評判の悪さ(もし、ホントならばの話ですが)は意外というほかありませんが、それにしても、いったいどうして「ウケ」なかったのか、この作品の名誉のためにも考えない訳にはいきません。

描かれている時代は1870年代、世間体ばかり気にする閉ざされた上流社会で、既にメイという婚約者がいる若き弁護士ニューランドと、不幸な結婚から逃れて欧州から帰って来た幼なじみのエレンとの間に交わされる不倫の恋の顛末が、物語の中心に据えられています。

正義感に燃える繊細な青年をダニエル・デイ・ルイスが演じ、イワクありげな過去とその奔放な性格のためにニューヨークの社交界から拒まれて孤立している女性をミシェル・ファイファーが、ともに熱っぽく演じています。

このシュチエイションのどこに観客の共感を拒むものがあるのか、ひとつには、それぞれの役柄のキャラクターが、上流階級の人物と言うこともあり、あまりに現実離れしたリアルさを欠いた設定ということが挙げられると思います。

ここに登場する誰もが、現代から見れば、優柔不断で世間知らずで身勝手な人物ばかりです。

世間体とか、あるいは富や名声や社会の評判を失うことを極度に恐れる男女の不倫の恋が、なし崩し的に中途半端な壊れ方をするという煮え切らなさとか、そして、なによりもニューランドの不甲斐なさとともに、彼自身、この恋のために何ひとつ犠牲にすることもなく、ただ周囲の圧力に流されているばかりの弱々しい生き方への失望にあったからだと思います。

どこまでも純粋な恋を貫いてほしいと願う僕たち観客の期待を裏切って、周囲から阻まれたとは言え、エレンをあっさりと諦めてしまうニューランドに、ドラマチックな愛の物語を望んでいた観客は肩透かしをくらい、そして「引いて」しまったことが、もしこの作品が不人気だというのなら、この映画から観客の気持ちを大きく引き離してしまった原因になったのだろうと思います。

しかも、この不倫の禁じられた関係を決して許さなかった社交界の冷たく厳しい掟に引き裂かれ排除されていくという物語ですから、その辺にも共感しにくいものがあったのかもしれませんね。

この作品の不人気をわざわざ僕に教えてくれた友人が、頼んでもいないのに、さらなる親切ついでに、その人気のなさの理由というのも読み解いてくれました。

まずは、メイを演じたウィノナ・ライダーの扱いが実にひどすぎる、というのです。

「あれじゃあ、お前。まるっきりの悪役じゃねえか。だろ」と、多くのライダー・ファンを代表すると自認する彼は、憤懣やるかたないという、抑えきれない激昂で、言葉を荒げて言い募ります。

言葉の裏に隠された人間の複雑な心理の襞など、いささかも意に介さず、眼に見えるものだけをまともに受けて善悪の二極で判断を下し、なにもかも実にスンナリと理解してしまう彼の、メイの役柄を「悪役」と嗅ぎ分けたその臭覚こそ、あるいは、この作品の本筋を理解するうえで最も相応しいアイテムだったかもしれません。

確かに、不倫の恋人たちを中心にして描かれているこの物語では、夫に浮気されて散々のメイが、あらゆる手段を用いて、不倫の恋仲にある夫と従姉の引き離しを画策するというその一連の行為の一方的な描き方から見ると、メイという役柄はどうしても「悪役」という典型的なタイプにしか見えないのは当然かもしれません。

しかし、妻メイのとった行為は、夫を失いたくないと思う妻としては当然の行いですから、何故それが観客の思い入れを拒むことに繋がってしまうのかというあたりに、どうもこの作品の不人気の秘密が隠されているような気がします。

それは、つまり、夫に浮気され、無視される妻が、本来なら観客の同情を受けて当然という立場にあるはずなのに、ライダーの演技は、不自然なくらいに実に堂々と演じられていて、それは憎々しげでさえあることに、なにか「ちぐはぐ」な違和感に満ちた印象を僕たちに与えてしまうということと、無関係ではないようなのです。

そして、それは、なぜニューランドがエレンへの恋を諦めたのかという部分に深く関連しているだけに、そのメイの役柄についての説明不足が、この作品を理解するうえでの大きな障碍となっており、それは、そのまま、ラストシーンで老いたニューランドが、欧州のエレンの家まで訪れながら、結局逢わずに立ち去っていくという重要な場面を一層分かりづらくさせ、観客の(僕も、ですが)理解を十分に得られなかったという不可解な結果を残すこととなったのだろうと思います。

ナルホド、前節②で、僕は、メイの役柄について、スコセッシが説明不足だったとかなんとか、結構はっきりと書いていますね。

送信を焦ったわけではなかったのですが、思わず筆が先走って、ついつい、というところだったのかもしれません。

演出と言うものが、何から何まで「作為」の行為を役者に求めるものだという僕の思い込みが、そこには無残にも露呈しています。

不作為を演技指導する演出というものだって、当然あり得る訳ですから。

というのは、ここに、まるで僕の軽率な断定を冷笑するかのようなウィノナ・ライダーの、この作品におけるスコセッシ演出についてのコメントなるものがあるのです。

「私、演技らしい演技は、ほとんどしなかったの、ホントよ。
それでもマーティは、もっともっと抑えて演ずるようにと言い続けてたわ。
私は、まるで、自分が人形か何かになってしまったかと思ったくらいなの。
でも、この映画では、これまでのどの映画よりも、とても多くのことを学ぶことが出来たと思うわ。
マーティは、早口なだけじゃなく、こっちの心を穏やかに、気持ちよくしてくれたの。
彼のお陰で、ありのままの自分を出せれば、それでいいんだという、なんか演技と言うものに自信が持てるようになったと思うの。
とにかく、最高の気分で仕事ができたわ。
朝の6時に衣装合わせに出るのが、毎日楽しくてしょうがなかったもの。」(ウィノナ・ライダー・スクラップブック、1997年)

撮影中のもうひとつのエピソードは、更にスコセッシ演出の方向性を明確に示しています。

ミンゴット夫人が発作で倒れたというシーンのあと、ニューランドが、エレンを駅に迎えに行こうとするために、別の出張(これもエレンに逢いに行くための口実でした)があると言っていた手前、その言い訳に、彼がシドロモドロになるという場面です。

エレンとの仲を既に勘づき、夫の裏切りの何もかもを察しているくせに、そのことはオクビにも出さず、また夫の不実に動じることもなく、ニューランドの言い訳の矛盾を、眉ひとつ動かさずに、あどけない少女のようにその嘘を、実に静かにじわじわと問い詰め追求していくという、考えてみれば空恐ろしい場面です。

続くメイがその場から立ち去るシーンでのスコセッシ演出は、メイの仕草や視線など何も強調することなく、表情を作らないままに、ただ視線を右方向に流す、というものでした。

ウィノナ・ライダーは、スコセッシに提案します。

「もう一度、ニューランドをチラッと見やりたいんだけど、いいかしら。」

彼女の意図は、ニューランドに向けて「なにもかも知ってるのよ。」という暗黙の演技を目線で示したかったのかもしれませんが、スコセッシは、断固言い渡します。

「絶対にだめだ。メイは、そんなことは、しないんだ。」

この言葉には、すべてを知りながらメイがニューランドに何を求めていて、何を求めていなかったのかが、恕実に言い表されています。

社交界という後ろ盾を持つ彼女は、社交界でしか生きることが出来ないニューランドが、結局は追い詰められて自分の元に返ってくるしかないことを十分に分っているからこそ、彼女は何もせず、堂々と、ただ待っていたのです。

僕が書いた「メイの役柄についてのスコセッシの説明不足」という部分は、こう書き直さなければならないかもしれません。

「スコセッシの演出意図を理解できなかった僕の不分明」と。

何事においても熟慮を欠いた軽率な断定は、つとに慎まなければなりません。

閉ざされた社交界でしか生きられないということなら、ニューランドもメイも立場は同じだったはずです。

しかし、ニューランドが、堅苦しい慣習やマナーに敢然と背く自由な雰囲気を持つエレナに強く魅かれていったことを見ても分かるように、彼の気持ちはニューヨークの社交界から既に離れており、外の世界に向っていました。

遠くを見たいと願うその眼差しが、実際には、毎夜催されるパーティで声を潜めて交わされる噂話や同情の意匠をまとった皮肉や冷笑など、閉鎖的なニューヨーク社交界の耐え難い現実を見せつけられているだけなのです。

嫌悪に満ちたうんざりするような旧態依然の閉ざされた社交界を脱して自由の地へ逃れたいという、その止むに止まれぬニューランドの旅立ちの願望は、ラストでメイによって完膚なきまでに叩き潰されることになりますが、この彼の気持ちを作品の根底に据えて考えていけば、ストーリーの大きな流れであるエレナとの成就されない恋も、メイとの暗闘とも言える確執も、そしてメイという娘がどういう女性かも、はっきりと見えてくると思います。

社交界から庇護され、育まれ、そして、自分もまた慎重に選ばれたひとりの構成員として公認されているメイにとって、社交界こそが彼女の素晴らしい才能を花開かせることのできる、また、認められもする唯一の場であるということは、同時に彼女が、ここ以外の他のどこに生きていく場所を探す必要があるだろうか、と考える至極当然な理由のように思われます。

そして、おそらく、それらの慣習や規律やマナーに公然と背くことは、同時にこの社交界から締め出されることを意味していることを、彼女は十分に認識していたことは、そのことを悟られない優雅な嗜みをマナーとして備えているとはいえ、例えば、ニューランドと淡々と交わされる会話の折り目正しさとか、パーティの出口ですれ違うエレナをチラと見る眼差しなど、いささかも動揺することなく対していることによって察することができます。

心は、石のように冷え切っているのに、煮えたぎるような気持ちを抑えて優雅に振舞い社交に努める残酷な姿は、衝撃的と言うしかありません。

メイは、礼儀正しい優雅な微笑で目礼を返しながら、社交界の戒律によって、いままさにエレナから引き裂かれようとしている夫と、そして追放される夫の愛人エレナを、どんな気持ちで見ていたのかと想像すると、ぞっとする思いがします。

ラストで、エレナを追い、ニューヨークを離れようとする「切れた」夫に、メイは、「残念だけど、お医者さまが旅行を許してくれないわ。」と妊娠を告げます。

この一言によって、ニューランドが、狭い社交界でしか生きていけないことをメイに思い知らされる静かで壮絶なラストシーンでした。
by sentence2307 | 2005-03-26 15:11 | マーティン・スコセッシ | Comments(6)